ページの先頭です

認知症について

[2019年4月1日]

認知症とは

認知症とは、正常に働いていた脳の機能が低下し、記憶や思考への影響がみられる病気です。

認知症の中でいちばん多いアルツハイマー型認知症は、男性より女性に多くみられ、脳の機能の一部が萎縮していきます。血管性認知症は比較的男性に多くみられ、全体的な記憶障害ではなく、一部の記憶は保たれている「まだら認知症」が特徴です。症状は段階的に、アルツハイマー型よりも早く進むことがあります。

初期は、加齢による単なる物忘れに見えることが多いでしょう。しかし、憂うつ、外出をいやがる、気力がなくなった、被害妄想がある、話が通じなくなった、外出すると迷子になる、お金の勘定ができなくなったなどのサインが出てきたときには、専門機関に相談してみましょう。


※認知症簡易チェックサイトは、平成31年3月31日で運営を終了しました。

認知症に関する相談先

阿見町地域包括支援センター(別ウインドウで開く)

住所:阿見町阿見4671番地1  阿見町総合保健福祉会館(さわやかセンター)内

受付日時:平日8:30~17:15

電話:029-887-8124


茨城県ホームページへのリンク(別ウインドウで開く)

認知症カフェ(オレンジカフェ)

認知症カフェとは,認知症の方やその家族,地域住民の方,ボランティア,専門家などが集まり,飲み物やお菓子を囲みながら交流する場です。

認知症に対する理解を深め,認知症になってもいきいきと過ごせるように支援する活動を行っています。

認知症カフェについての記事へのリンク(別ウインドウで開く)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

阿見町役場保健福祉部高齢福祉課

電話: 029-888-1111 ファクス: 029-887-9560

お問い合わせについて


認知症についてへの別ルート

Copyright (c)  Town of Ami All rights reserved