ページの先頭です
FAQ(よくある質問)

新築住宅の減額措置について

[2016年8月30日]

住宅を新築してから固定資産税を3年度分納めてきましたが、4年度目の固定資産税が急に高くなりました。どうしてですか?

回答

新築住宅に対する減額措置が終了したことによるものです。
新築の住宅に対しては、住宅建築の促進を図るため、固定資産税を減額する制度があります。一定の要件を満たせば、新たに課税されることとなった年度から、一般の住宅は3年度分(認定長期優良住宅は5年度分)、3階建以上の中高層耐火住宅等は5年度分(認定長期優良住宅は7年度分)に限って、120平方メートルまでの分の固定資産税が「2分の1」に減額されます。
したがって、これまでの3年度分、一般の住宅として家屋に対する固定資産税が減額されていましたが、軽減期間が終了したことにより、4年度目の今年度から本来の税額を納めていただくことになります。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

阿見町役場総務部税務課

電話: 029-888-1111 ファクス: 029-887-9560

お問い合わせについて


Copyright (c)  Town of Ami All rights reserved