ページの先頭です

水道事業概要・経営

[2015年3月20日]

水道事業のあゆみ

阿見町の水道は、昭和32年に茨城県、土浦市、阿見町の3者共同事業として霞ヶ浦水道組合(一部事務組合)を設立して事業計画を立案し、組合経営による水道事業認可を受けました。その後、昭和35年に一部の工事を完了して給水を開始しましたが、水需要と社会情勢の変化に伴い、昭和36年に事業変更認可を受けました。しかし一部事務組合による経営は適当でないということになり、昭和39年に霞ヶ浦水道組合を解散すると同時に、3者の事業分担により阿見町は茨城県から浄水の供給を受ける形で独立経営に切り替えました。

独立経営に切り替えることで阿見町水道事業となったのち、昭和55年に人口や水量の増加に伴う拡張事業認可を受けて平成2年度に工事を完了しました。その後、高速道路網の整備(圏央道)や大規模土地区画整理事業などによる開発予定が相次ぎ、さらなる給水人口、給水量の増加が見込まれたことから、水道施設の基盤整備を行うことによって給水の安全と安定供給を図るために拡張事業認可を受けました。

水道事業の概要

平成25年度の実績は、給水区域内人口47,313人に対し、給水人口は40,257人で、普及率は85.1パーセントとなっています。年間配水量は約439万立方メートルで、その内訳は茨城県南広域水道用水供給事業からの受水が約325万立方メートル(74パーセント)、自己水源である地下水が約114万立方メートル(26パーセント)となっています。
平成25年度実績
給水人口40,257人
給水戸数15,638戸
普及率85.1パーセント
配水量4,393,160立方メートル
日最大配水量14,588立方メートル
有収水量3,951,332立方メートル
有収率89.9パーセント

水道ビジョン

安全な水の安定供給や健全経営を実現するためのマスタープランとして阿見町水道ビジョンを策定しました。

水道ビジョン

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

阿見町役場産業建設部上下水道課

電話: 029-889-5151 ファクス: 029-889-5154

お問い合わせについて


Copyright (c)  Town of Ami All rights reserved