ページの先頭です

【令和3年度まで】公共下水道と農業集落排水の接続工事に係る費用助成制度が拡充されています!

[2019年8月5日]

【令和3年度まで】公共下水道と農業集落排水の接続工事に係る費用助成制度が拡充されています!

浄化槽や汲み取りから、公共下水道や農業集落排水へ接続する住宅に、宅地内配管工事の費用の一部を補助する制度で、平成30年度から令和3年度まで拡充して実施しております!

ぜひご活用いただき、この機会に公共下水道または農業集落排水にご接続ください。なお、予算の範囲内の補助になりますので、ご希望の方は早めのご検討をお願いいたします。

接続工事に係る費用助成制度の拡充の内容

拡充の内容(公共下水道・農業集落排水共通)

 

拡充前

拡充後

補助対象期間

供用開始(公共下水道が使用できる地域になること)から3年間

期間に制限なし

補助金額

補助対象工事の半額で上限4万円

・65歳以上または18歳未満の方がいる世帯で、世帯課税対象所得(※)が334万円以下の場合は、補助対象工事の全額で上限35万円

・それ以外は、補助対象工事の半額で上限4万円

(※)世帯課税対象所得:所得から社会保険料や基礎控除、扶養控除などを引いた金額(課税対象所得)について、世帯全員分を合算したものです。

課税対象所得の確認方法

阿見町にお住まいの方の確認方法になります。なお、1と2の両方で住民税を納付されている方は、両方の確認が必要です。

1.お勤めで、給与から住民税を天引きされている方

勤務先から5~6月頃配付される「給与所得等に係る町民税・県民税 特別徴収額の決定・変更通知書(納税義務者用)」の「課税標準」の「総所得(3)」の額になります。

2.住民税を年金から天引きされている方、または納付書・口座振替で納めている方

町から6月頃郵送される「町民税・県民税 税額決定通知書兼納税通知書」に添付されている「町民税・県民税 課税明細書」の「C課税標準額 A-B」の額になります。

拡充分の補助対象になるか確認したいが、上記の確認書類が見当たらない・・・

「補助金の事前調査に関する同意書」を町上下水道課にご提出いただければ、町で補助対象かどうかの確認を行い、結果をご連絡いたします。所得証明書でもご確認いただけます。同意書の提出を委任する場合は、委任状をご提出ください。

その他注意事項

  • 4~6月に申請された場合は前年度、7~3月に申請された場合は今年度の世帯課税対象所得で判断させていただくようになります。
  • 18歳未満及び65歳以上の基準日は、平成31年度の場合、平成31年4月1日時点で18歳未満(出生日が平成13年4月2日以降)、令和2年3月31日時点で65歳以上(出生日が昭和30年3月31日以前)となります。

補助制度の内容

下記のように実施します。申請書等はダウンロードできますので、ご利用ください。

実施期間

平成30年度から令和3年度まで

補助対象工事

公共下水道または農業集落排水の接続工事に係る宅地内配管工事費(専ら居住の用に供されている建築物に限る)

補助金額

  1. 65歳以上または18歳未満の方がいる世帯で、世帯課税対象所得が334万円以下の場合、補助対象工事費の全額で上限35万円。補助対象工事費が35万円未満の場合は補助対象工事費の額が上限となります。
  2. それ以外は、補助対象工事費の半額で上限4万円

補助対象になる方

公共下水道または農業集落排水の供用開始区域に住宅を所有し、まだ公共下水道または農業集落排水に接続していない方。店舗兼住宅の場合は、住宅部分が延床面積の二分の一以上を占める場合に限る。

補助対象外になる場合

新築(建築確認申請が必要な増築・改築含む)。官公庁、法人その他の団体。町税や受益者負担金に滞納がある方。詳しくは上下水道課に問い合わせてください。

補助の流れ

(1)補助申請 (2)申請の確認 (3)決定通知 (4)工事 (5)実績報告 (6)実績報告の確認 (7)確定通知 (8)補助金支払

(※)補助申請の前に工事を行ってしまうと、補助対象になりませんのでご注意ください。

補助申請に必要な書類

【全ての方に必要な書類】

(1) 阿見町公共下水道接続工事費補助金交付申請書または阿見町農業集落排水設備設置工事費補助金交付申請書

(2) 排水設備計画(確認,変更)申請書の写し

(3) 町税の納税証明書(※)

(4) 補助対象工事に係る見積書の写し

(5) 補助対象工事前の写真(既に公共下水道または農業集落排水施設に接続されているものではないことがわかるもの)

(6) 建築物が申請者の所有でない場合にあっては,当該建築物の所有者の承諾書

【拡充分を申請する方に必要な書類】

(7) 申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の所得証明書または非課税証明書(※)

(8) 申請者の属する世帯の住民票(※)

(9) 世帯構成員の状況

(※)(3)・(7)・(8)は住民票、納税・課税状況について、町で確認することにご同意いただければ、提出を省略することができます(他市町村にお住まいの方を除く)。

実績報告に必要な書類

(1) 阿見町公共下水道接続工事費補助金実績報告書または阿見町農業集落排水設備設置工事費補助金実績報告書

(2) 排水設備工事完了届の写し

(3) 補助対象工事に要した経費に係る領収書の写し(配管延長等の内訳が記載されたもの)

(4) 補助対象工事施工中または完了後の写真(公共下水道または農業集落排水に接続したことがわかるもの)

※上記のほか、補助金の支払いには「阿見町公共下水道接続工事費補助金交付請求書」または「阿見町農業集落排水設備設置工事費補助金交付請求書」が必要になります

申請関係書類ダウンロード

申請関係書類ダウンロード(PDF)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

交付要綱

排水設備工事

公共下水道の場合

指定排水設備工事店にご依頼ください。

阿見町指定排水設備工事店名簿

農業集落排水の場合

農業集落排水に指定工事店制度はありませんが、施工ができるのは排水設備主任技術者と規定しております。施工が可能かどうかについては、直接工事店へご確認ください。なお、公共下水道の指定排水設備工事店には必ず排水設備主任技術者がいますので、お心当たりの工事店がない場合は、公共下水道の阿見町指定排水設備工事店名簿を参考にお選びください。

阿見町指定排水設備工事店名簿

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

阿見町役場産業建設部上下水道課

電話: 029-889-5151 ファクス: 029-889-5154

お問い合わせについて


【令和3年度まで】公共下水道と農業集落排水の接続工事に係る費用助成制度が拡充されています!への別ルート

Copyright (c)  Town of Ami All rights reserved