ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    町が締結している災害協定

    • [初版公開日:2022年03月17日]
    • [更新日:2022年7月14日]
    • ID:3562

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    災害協定一覧

    令和4年6月現在 災害協定一覧

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    災害協定を締結しました

    日本貿易運輸株式会社と「災害時等における要配慮者等の輸送協力に関する協定」を締結

    令和4年6月21日、町は日本貿易運輸株式会社と「災害時等における要配慮者等の輸送協力に関する協定」を締結しました。

    この協定の締結により、町内で災害が発生または発生の恐れがある場合、町を通じて要配慮者をタクシーで福祉避難所や社会福祉施設へ送り届けることが可能になりました。


    丸井産業株式会社と「災害時等における一時避難施設としての使用に関する協定」を締結

    令和4年6月1日、町は丸井産業株式会社と「災害時等における一時避難施設としての使用に関する協定」を締結しました。

    この協定の締結により、町内で大規模な災害が発生した場合に、近隣にお住いの方が、丸井産業株式会社が保有する倉庫の共有部分を一時避難所として利用することが可能になりました。


    ※一時避難所とは、町が地区公民館等の避難所を開設するまでの間の一時的なものを指します。

    社会福祉法人美しの森と「災害時等における福祉避難所の設置運営に関する協定」を締結

    令和4年5月20日、町は社会福祉法人美しの森と「災害時等における福祉避難所の設置運営に関する協定」を締結しました。


    この協定の締結により、町内で災害が発生または発生の恐れがある場合、社会福祉法人美しの森が管理する地域生活支援拠点施設「あみまちの拠点 くら・ら」の一部を福祉避難所として設置運営することが可能になりました。


    (写真左)あみまちの拠点くら・ら 松﨑 あかり センター長
    (写真左から2番目)中村 栄子 理事長
    (写真中央)千葉 繁 町長
    (写真右から2番目)八木澤 健仁 理事
    (写真右)瀬尾 紀子 法人本部事務局長

    東京電力パワーグリッド株式会社と「災害時における停電復旧に係る応急措置の実施の支障となる障害物等の除去等に関する覚書」を締結

    令和4年2月22日、町は東京電力パワーグリッド株式会社と「災害時における停電復旧に係る応急措置の実施の支障となる障害物等の除去等に関する覚書」を締結しました。

    この覚書は令和2年11月18日に東京電力パワーグリッド株式会社と締結した「災害時における停電復旧の連携等に関する基本協定」に基づくものであり、災害時、停電復旧のために実施する応急措置の際、支障となる倒木や飛来物等の障害物の除去に関する基本的な事項を定めました。


    三協フロンテア株式会社と「災害時における物資(ユニットハウス等)の供給に関する協定」を締結

    令和3年11月30日、町は三協フロンテア株式会社と「災害時における物資(ユニットハウス等)の供給に関する協定」を締結しました。

    この協定の締結により、町内で災害が発生または発生の恐れがある場合、住民生活の早期安定を図るため、仮設トイレなどのユニットハウスの提供を受けることが可能になりました。


    株式会社キンレイ筑波工場と「災害時における物資の調達供給及び施設利用等の協力に関する協定」を締結

    令和3年8月10日、阿見町は株式会社キンレイ筑波工場と「災害時における物資の調達供給及び施設利用等の協力に関する協定」を締結しました。

    株式会社キンレイ筑波工場とは令和2年2月に「災害時における物資の調達及び供給の協力に関する協定」を締結しておりましたが、今回、施設利用等に関する内容を加え、協定を再締結したものとなります。

    これにより従来の災害時における物資供給のほか、被災者等を一時収容するための施設提供に協力いただくことが可能となりました。


    株式会社アクティオと「災害時等におけるレンタル機材の提供に関する協定」を締結

    令和3年6月22日、町は株式会社アクティオと「災害時等におけるレンタル機材の提供に関する協定」を締結しました。

    この協定の締結により、町内で災害または大規模な事故等が発生した場合、住民生活の早期安定を図るため、さまざまな資機材の提供を受けることが可能になりました。


    三菱商事ライフサイエンス株式会社と「災害時等における物資供給に関する協定」を締結

    令和2年12月11日、町は三菱商事ライフサイエンス株式会社と「災害時等における物資供給に関する協定」を締結しました。

    この協定の締結により、町内で災害が発生または発生の恐れがある場合、被災者及び避難所の衛生環境の向上に有効なアルコール製剤「メイオールW65n」(土浦工場生産)の提供・調達が可能となりました。

    (写真左)三菱商事ライフサイエンス株式会社 渡辺 正勝 生産本部 土浦副工場長
    (写真右)阿見町 千葉 繁 町長

    東京電力パワーグリッド株式会社と「災害時における停電復旧の連携等に関する基本協定」を締結

    令和2年11月18日、町は東京電力パワーグリッド株式会社と「災害時における停電復旧の連携等に関する基本協定」を締結しました。

    この協定の締結により、災害が発生し長期の停電が発生または発生する恐れがある場合、町は住民の生命・財産の保護、生活支援の役割を担うこと、東京電力パワーグリッド株式会社は電力の早期復旧の役割を担うことを確認し、相互に協力することといたしました。


    阿見町・東日本三菱自動車販売株式会社・三菱自動車工業株式会社の間で「災害時における電動車両等の支援に関する協定」を締結

    令和2年10月8日、町は東日本三菱自動車販売株式会社・三菱自動車工業株式会社と「災害時における電動車両等の支援に関する協定」を締結しました。

    この協定の締結により、災害が発生した場合の災害応急対策(主に停電対策)を目的として、PHEV(電動車両)が貸与されることになりました。

    (写真左)三菱自動車工業株式会社 国内地区統括部 柴田 知裕 フィールドマネージャー 
    (写真中央)東日本三菱自動車販売株式会社 第3営業本部 橘 佳峰 本部長
    (写真右)阿見町 千葉 繁 町長

    給電デモンストレーションの様子

    アウトランダーPHEV

    株式会社デベロップと「災害発生時における避難所設置の協力に関する協定」を締結

    令和2年10月2日、町は株式会社デベロップと「災害発生時における避難所設置の協力に関する協定」を締結しました。

    この協定の締結により、災害が発生した、または発生の恐れがある場合、

    阿見町吉原地区にある H O T E L   R 9   T h e Y a r d 阿見内に、町が避難所を設置したり、

    レスキューホテル(移動式コンテナ型宿泊施設)を利用することが可能になりました。


    (写真左)株式会社デベロップ 岡村 健史 代表取締役
    (写真右)阿見町 千葉 繁 町長

    アイリスオーヤマ株式会社と「災害時等における物資供給に関する協定」を締結

    令和2年8月25日、町はアイリスオーヤマ株式会社と「災害時等における物資供給に関する協定」を締結しました。

    この協定の締結により、災害が発生した、または発生の恐れがある場合、円滑に物資の提供を受けることが可能となりました。

    アイリスオーヤマ株式会社から提供を受ける物資は、町の被災者を救援するために活用します。

    (写真左)アイリスオーヤマ株式会社 矢澤 裕幸 つくば工場長
    (写真右)阿見町 千葉 繁 町長

      物資の例

    阿見町・静岡県御殿場市・千葉県酒々井町で『災害時における相互応援に関する協定』を締結

    平成31年3月22日、町は静岡県御殿場市・千葉県酒々井町と「災害時における相互応援に関する協定」を締結しました。

    阿見町と千葉県酒々井町は、同系列のプレミアムアウトレットの店舗が両町にある縁から平成29年11月に相互応援協定を締結しておりましたが、今回新たに御殿場市が加わり1市2町で相互応援協定を締結しました。

    今後は災害対策の分野だけでなく、商業や観光など幅広い分野で交流を図っていきます。


    1 協定の内容

    【趣旨】

     協定自治体のいずれかの地域において災害が発生し、被災した自治体独自では十分に被災者の救援その他の応急措置が実施できない場合に、相互に応援を行うことで、応急対策及び復旧活動を迅速かつ円滑に遂行する。

    【応援の種類】

    ・食料、飲料水及び生活必需品等の物資、資機材の提供

    ・被災者の救出、施設の応急復旧等に必要な物資、資機材の提供

    ・救援及び救助活動に必要な車両等の提供

    ・被災者を一時収容するために必要な施設の提供

    ・応援に必要な職員の派遣  など


    2 協定締結式

     日時   平成31年3月22日(金曜日) 午後2時から

     場 所   静岡県御殿場市役所

     出席者  阿見町 千葉町長、御殿場市 若林市長、酒々井町 小坂町長 ほか

      


    (写真左)千葉町長
    (写真中央)御殿場市 若林市長
    (写真右)酒々井町 小坂町長

    茨城県行政書士会と「災害時における支援協力に関する協定」を締結

    平成31年2月12日、町は茨城県行政書士会と「災害時における支援協力に関する協定」を締結しました。

    この協定の締結により、地震等の大規模災害が発生した場合には、町からの協力要請に基づき、茨城県行政書士会は、各種支援制度の申請手続きや相談に対応するための『被災者支援相談窓口(無料)』を設置するなど、行政書士業務により被災者支援活動を行います。


    (写真左)茨城県行政書士会  國井 豊 会長
    (写真右)阿見町 千葉 繁 町長 

    雪印メグミルク株式会社阿見工場と「災害時における物資の調達及び供給の協力に関する協定」を締結

    平成30年12月21日、町は雪印メグミルク株式会社阿見工場と「災害時における物資の調達及び供給の協力に関する協定」を締結しました。

    この協定により、災害が発生した場合、町が実施する災害時の応急対策に必要な物資の調達等について、雪印メグミルク株式会社阿見工場に協力をいただくことになりました。

    雪印メグミルク株式会社阿見工場

    東京電力パワーグリッド株式会社と防災行政無線等の活用に関する協定を締結

    平成30年10月29日、町は東京電力パワーグリッド株式会社と「阿見町防災行政無線等の活用に関する協定」を締結しました。

    【協定の趣旨】

    電力供給に関わる大規模事故の発生に伴う停電、及び需要逼迫時における計画停電等について、防災行政無線等を活用し速やかに町民へ広報することにより、町民の安心・安全を担保する。

    【防災行政無線等を活用し広報する内容】

    次の事象に関し、東京電力パワーグリッド株式会社独自での広報活動ができないときは、町に対し広報の依頼を行い、町は防災行政無線等を活用し町民に対して広報をする。

    (1)地震、台風、その他の突発的な大規模事故により、複数の行政区の範囲で広域に停電が発生し、相当の時間影響を及ぼすおそれのある場合

    (2)電力需要の急増による節電のお願いをする場合

    (3)電力不足による広範囲での停電が発生した場合



    (写真左)東京電力パワーグリッド株式会社土浦支社 三浦 理格 支社長
    (写真右)阿見町 千葉 繁 町長

    お問い合わせ

    阿見町役場町民生活部防災危機管理課

    電話: 029-888-1111

    ファクス: 029-887-9560

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム