ページの先頭です

病児保育事業の開設と事前登録について

[2021年3月12日]

病後児保育事業とは

「病児保育事業」とは、保護者等が就労している世帯で,普段は保育園等の保育施設に通っている児童が病気の「回復期に至らない場合」であり、かつ、当面の症状の急変が認められない場合において、当該児童を病院・診療所・保育所等に付設された専用スペース等で一時的に保育することにより,保護者の子育てと就労の両立を支援する事業です。

令和3年4月 病児保育施設「たんぽぽ保育室」の開設

令和3年4月1日に「病児保育事業」を実施する「たんぽぽ保育室」が東京医科大学茨城医療センター内に開設・運営されます。

たんぽぽ保育室の概要

  • 名 称   たんぽぽ保育室(病児保育のみ) 
  • 設置者   東京医科大学茨城医療センター
  • 実施場所 阿見町中央3-10-3(東京医科大学茨城医療センター敷地内)
  • 電話番号  029-887-5621(予約用電話番号)
  • 利用時間 月曜日から金曜日  午前8時から午後5時まで   ※土・日・祝日・年末年始を除く
  • 対象者    保護者等が就労している町内在住または在勤者であって、4月1日現在で生後6か月から6歳までの未就学児
  • 利用料    児童1人あたり1日3,000円  ※昼食・おやつは持参となります。
  • 利用定員  1日あたり3名  ※病気の症状によっては感染拡大防止のため、受け入れ人数を制限する場合があります。
  • その他   ※乳幼児の疾病の種類によっては、受け入れできない場合があります。
             ※利用する際は、かかりつけ医が乳幼児の病状について記入した「医師連絡票」のご提出がないと利用できま
              せん。
            ※また利用に際して「与薬依頼票」「持病に関する同意書」等の各種の書類を必要に応じて提出し
             ていただきます。詳しくは、「たんぽぽ保育室のご利用のしおり」をご参照ください。  

利用するためには、必ず『事前登録』と『面談』が必要です。

病児保育を利用する際は、必ず『事前登録』と施設での『面談』が必要となります。令和3年4月1日の開設に先立ちまして、東京医科大学茨城医療センター内の「たんぽぽ保育室」で事前登録の受付を行っています。


事前登録等の手続きについて

事前登録の手続きについては、東京医科大学茨城医療センターのホームページ内にある「たんぽぽ保育室のご利用のしおり」をご参照ください。下記のリンクから東京医科大学茨城医療センターのホームページを閲覧することができます。

病児保育「たんぽぽ保育室」のお問い合わせについて

病児保育「たんぽぽ保育室」についてご不明な点は、東京医科大学茨城医療センター(電話029-887-1161(代表))に問い合わせてください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

阿見町役場保健福祉部子ども家庭課

電話: 029-888-1111 ファクス: 029-887-9560

お問い合わせについて


Copyright (c)  Town of Ami All rights reserved