ページの先頭です

阿見二小校歌

校 歌

   丘 灯至夫 作詞

   古関 裕而 作曲

筑波の山は ゆるぎなく

霞ヶ浦は 美しく

教えを仰ぎ 胸張ろう

学びの窓に 弾む夢

ああ 阿見第二小学校

 

となりの友は やさしくて

となりの友は 賢くて

いたわり助け 励まそう

思い出きざむ ときは今

ああ 阿見第二小学校

 

緑と花に かこまれる

阿見原台地 踏みしめて

希望の空へ 羽ばたこう

きたえる体 このこころ

ああ 阿見第二小学校



作曲者について

古関 裕而(こせき ゆうじ)先生
明治42年,福島県に生まれ10歳で作曲,13歳で作曲・編曲を行う。21歳の時,コロンビアの専属,作曲家としての道を歩み始める。昭和6年22歳の時,早大応援歌「紺碧の空」を作曲。以後,歌謡曲,行進曲,応援歌,校歌等数えきれぬ程の作曲をする。その中に,予科練の「若鷹の歌」「巨人軍の歌」「スケーターワルツ」等がある。
 また,校歌においては,数多中に取手二高校歌,阿見町の朝日中校か(丘灯至夫作詞)等がある。
 阿見第二小校歌については,「明るく親しめる」「低学年の子も歌う」を考え作曲した。

作詞者について

丘 灯至夫(おか としお)先生
1917年,福島県に生まれNHK・毎日新聞社を経て,同社出版局特別嘱託。また,昭和24年から,日本コロンビア専属として活躍。
 先生の作品には,昭和38年日本レコード大賞作詞賞「高高三年生」など歌謡曲・童謡・吟詩部門の他に「歌に見る近代世相史」他の著作等数多いものがある。
 阿見第二小学校校歌の作詞に当たって取材に来校。霞ヶ浦に接し,筑波山を遠望する阿見原台地の詩情豊かな景観に感動を覚え,それに本校教育の観点を織り成し作詞する。

原詩について

原 詩

原譜について

原譜1

原譜2

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

阿見町役場教育委員会町立阿見第二小学校

電話: 029-887-8531 ファクス: 029-887-7521

お問い合わせについて


Copyright (c)  Town of Ami All rights reserved