ページの先頭です

防災ガイド「風水害から身を守る」

[2015年1月7日]

風水害備える

毎年、日本列島を襲う台風や豪雨に対する対策も必要です。予測の難しい地震と違い、台風や豪雨はその時期や規模を予測することができます。日ごろから万全の対策を講ずるとともに、気象情報には十分注意しましょう。

風水害対策チェック事項

身の回りの点検事項

チェック

点検事項

 停電に備えて懐中電灯や携帯ラジオを用意(予備の電池も忘れずに)
 断水に備えて飲料水を数日分用意
 避難に備えて非常持出品を用意
家の内外の点検事項

チェック

点検事項

 ベランダに植木鉢や物干ざお等の危険物はないか
 雨どいに詰まりはないか
 雨戸にがたつき・ゆがみはないか
 壁にき裂や腐りはないか
 ブロック塀にひび割れ・破損箇所はないか。板塀にぐらつき・腐りはないか
 プロパンガスのボンベはしっかりと固定されているか
 テレビアンテナはしっかりと固定されているか
 屋根がわらにひび・割れ・ずれ・はがれはないか。トタン屋根のめくれ・はがれ・ゆるみはないか
 窓ガラスにひび割れ・がたつきはないか
その他危険な箇所の点検事項

チェック

点検事項

 商店や電柱などの看板にぐらつき・ひび・腐りなどはないか
 排水溝の清掃はしてあるか
 家屋の近くに風で倒れる樹木はないか(風を受ける枝等のせん定や腐っている樹木の伐採)
 家屋の近くにあるがけは、擁壁(き裂や変形に注意するとともに、水抜き溝の清掃もしておく)等のがけ崩れ防止の対策はなされているか。また、崩れそうな土砂を取り除き、ビニールシート等で雨水の浸入を防ぐ等の対策はなされているか

いざというときには

  • ラジオやテレビで台風や大雨に関する情報を収集する
  • 非常持出品の確認(準備)や断水時の飲料水を確保する
  • むやみに外出しない。また外出している場合は早めに帰宅する
  • 自宅周囲の点検をする
  • 浸水の恐れのある場合は、家財道具を2階や高い場所に移動する
  • がけ付近の家屋はがけ崩れに十分注意し、危険を感じたら早めに避難する
  • 避難するときは火の始末と戸締りをし、家族全員で避難することはもちろん、隣近所と協力し合う
  • 避難するときの服装は、動きやすいものであることはもちろん、保温性があり防水効果のあるものにする

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

阿見町役場町民生活部防災危機管理課

電話: 029-888-1111 ファクス: 029-887-9560

お問い合わせについて


Copyright (c)  Town of Ami All rights reserved