ページの先頭です

住基ネットと住基カード

[2015年7月28日]

住基ネットと住基カード

住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)とは、住民基本台帳法に基づき行政の基礎である住民基本台帳をネットワーク化したもので、IT化社会に対応した住民サービスの実現と国・地方行政の合理化を目的に平成14年8月5日からスタートした制度です。

住基ネットによるサービス

住民票の広域交付

全国の市区町村で本人または同一世帯の人の住民票の写し(本籍・筆頭者は省略)の交付が受けられるようになりました。

申請方法

  • 申請書に必要事項を記入し、顔写真付き住民基本台帳カードや運転免許証、パスポート、在留カードまたは特別永住者証明書などの写真付本人確認資料を提示

手数料

  • 1通300円

住民基本台帳カードとは

住民基本台帳カードとは、市区町村が、希望者の申請により交付する高度なセキュリティ機能を備えたICカードです。住民基本台帳カードは『顔写真あり』と『顔写真なし』の2種類から選ぶことができ、『顔写真あり』のカードは本人確認の証明書としてご利用いただけます。 

このカードを利用して転出届出の特例転入届出などのサービスが受けられるほか、ICチップに都道府県知事発行の電子証明書を記録(別途申請・手数料500円が必要)しておけば、国税庁のe-Taxなどをはじめとするインターネット申請における個人認証(電子署名)に利用できます。

マイナンバー制度の開始に伴い、住民基本台帳カードの交付が平成27年12月で終了します。詳しくはこちらから。

 

住民基本台帳カードをつくるには

受付窓口と受付日時

  • 役場1階町民課
  • 月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く)および日曜開庁日午前9時~午後4時30分

 

対象者

  • 阿見町に住民登録のある人

手数料

  • 500円

※65歳以上の人は無料で交付します

有効期間

  • 申請日から10年間有効
  • 阿見町から転出しても継続利用を希望した場合は、転入先でも使用可能となります (福島県矢祭町は除く)。ただし、カードの種類により継続利用が行えない場合があります。その際、引き続き作成を希望する場合は、再交付の申請をしてください

※外国人は在留区分や在留期間により有効期間が違います。中長期在留者の人は現在の在留期間満了日まで、永住者および特別永住者の人は申請日から10年間有効です

手続きする人は?

  • 申請は、本人・法定代理人(未成年者の親権者・成年後見人・未成年後見人)または任意代理人が行うことができます
  • 交付は、本人または法定代理人に限ります

本人が申請をする場合(15歳未満の場合は、法定代理人の申請・交付となります)

即日交付ができる場合

運転免許証・運転経歴証明書(平成24年4月1日以降発行に限る)・パスポート・身体障害者手帳・養育手帳・精神障害者保健福祉手帳・在留カードまたは特別永住者証明書をお持ちの人

■申請時に必要なもの

(1)本人確認資料
・運転免許証・運転経歴証明書(平成24年4月1日以降発行に限る)・パスポート・身体障害者手帳・養育手帳・精神障害者保健福祉手帳・在留カードまたは特別永住者証明書のうちいずれか1点と、健康保険証・預金通帳など名前が確認できるもの1点の合計2点

(2)申請者本人の写真(顔写真付きカードを希望する場合のみ。写真サイズ:縦45ミリメートル×横35ミリメートル)
※希望により役場町民課で撮影可
※スナップ写真等適当でない写真の場合は役場町民課で撮影します

即日交付ができない場合

上記本人確認資料をお持ちでない人が申請する場合は、2回来庁していただく必要があります

■申請時に必要なもの
(1)本人確認資料
・健康保険証・年金手帳・預金通帳など名前が確認できるもの2点

(2)申請者本人の写真(顔写真付きカードを希望する場合のみ。写真サイズ:縦45ミリメートル×横35ミリメートル)
※ただし、スナップ写真等適当でない写真の場合は役場町民課で撮影します
※受付後、申請事実を確認するため、申請者の住所へ「住民基本台帳カード交付通知兼照会書」を送付します

■交付時に必要なもの
(1)本人確認資料
・健康保険証・年金手帳・預金通帳など名前が確認できるもの2点

(2)「住民基本台帳カード交付通知兼照会書」の回答書部分に本人自筆で住所・氏名を記入し、押印したもの

任意代理人が申請をする場合

■申請時に必要なもの
(1)申請者本人の写真(顔写真付きカードを希望する場合のみ。写真サイズ:縦45ミリメートル×横35ミリメートル)
※ただし、スナップ写真等適当でない写真の場合は取り直していただくこともあります

(2)本人自筆の署名、押印のある委任状       

(3)代理人の本人確認資料
・運転免許証・パスポート・健康保険証・年金証書など 

(4)代理人の印鑑  
※受付後、申請事実を確認するため、申請者の住所へ「住民基本台帳カード交付通知兼照会書」を送付します

■交付時に必要なもの(本人または法定代理人に限ります)
(1)本人確認資料
・運転免許証・パスポート・健康保険証・年金証書・預金通帳・在留カード・特別永住者証明書などのいずれか2点

(2)「住民基本台帳カード交付通知兼照会書」の回答書部分に本人自筆で住所・氏名を記入し、押印したもの

郵送による申請手続きをする場合

申請のみ郵便でできます。交付時は来庁していただきます

■申請時に必要なもの
(1)住基カード交付申請書(下記よりダウンロードしてください)

(2)申請者本人の写真(顔写真付カードを希望する場合のみ。写真サイズ:縦45ミリメートル×横35ミリメートル)
※ただし、スナップ写真等適当でない写真の場合は交付時に役場町民課で取り直していただくこともあります

(3)本人確認資料
・運転免許証・パスポート・健康保険証・年金証書・在留カード・特別永住者証明書などのコピー2点
上記(1)~(3)を封筒に入れて
〒300-0392 茨城県稲敷郡阿見町中央一丁目1番1号 阿見町役場 町民課まで送付してください

※受付後、申請事実を確認するため、申請者の住民登録している住所へ「住民基本台帳カード交付通知兼 照会書」を簡易書留で送付します

 ■交付時に必要なもの
(1)本人確認資料
運転免許証・パスポート・健康保険証・年金証書・預金通帳・在留カード・特別永住者証明書などのいずれか2点

(2)「住民基本台帳カード交付通知兼照会書」の回答書部分に本人自筆で住所・氏名を記入し、押印したもの

住基本台帳カード郵便申請書書式

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

住民基本台帳カードの更新

住民基本台帳カード(住基カード)の交付を受けている人は、有効期間満了日までの期間が3か月未満となった場合、住基カードの有効期間内においても、現在の住基カードと引き換えに新たな住基カードを作成できます。

対象者

阿見町に住民登録があり、有効期限まで3か月未満となった住基カードをお持ちの人

申請方法

更新手続きは、新規申請手続きと同様になります。詳しくは上記の「住民基本台帳カードを作るには」をご覧ください。

※住基カードの更新手続きには、現在お持ちの有効な住基カードが必要となりますので、申請時にお持ちください。有効期限が切れた住基カードをお持ちの人は、新規での申請になります

電子証明書を格納している場合

住基カードの有効期限が切れた場合でも、電子証明書の有効期限が残っている場合、その有効期限まで電子証明書を使用することが可能です。ただし、住基カードとしての機能は失効します。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

阿見町役場町民生活部町民課

電話: 029-888-1111 ファクス: 029-887-9560

お問い合わせについて


住基ネットと住基カードへの別ルート

Copyright (c)  Town of Ami All rights reserved