ページの先頭です

児童手当制度とは

家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的として、父母等の児童を養育している人に手当が支給される制度です。

支給対象

中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している人。

支給額

支給額(所得制限限度額未満の人)
児童の年齢  児童1人当たりの児童手当の月額
 3歳未満 一律15,000円
 3歳以上小学校修了前 10,000円(第3子以降は15,000円)
 中学生 一律10,000円
支給額(所得制限限度額以上の人)
児童の年齢 児童1人あたりの特例給付の月額 
 0歳から中学生 5,000円(一律)

・第3子以降とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降をいいます。

・児童を養育している人の所得が所得制限限度額以上の場合は、特例給付として月額一律5,000円を支給します。

所得制限

所得制限限度額
扶養親族等の数  所得制限限度額
0人 622万円
1人 660万円
2人 698万円
3人 736万円
4人 774万円
5人 812万円

・所得税法に規定する同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)または老人扶養親族がいる人の限度額は、当該同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)または老人扶養親族1人につき6万円を加算した額。

・扶養親族等の数が6人以上の場合の限度額は、5人を超えた1人につき38万円(扶養親族等が同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)または老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額。

支給時期

原則として、6月、10月、2月に、それぞれの前月分までの4か月分をまとめて支給します。

(例)6月の支給日には、2月から5月分の手当を支給します。

手当を受けるための手続き

お子さんが生まれたり、他の市区町村から転入したときは、事由の発生した翌日から15日以内に手続きをしてください。手続きが遅れた場合は、遅れた月分の手当を受けられなくなりますのでご注意ください。

※公務員の人は勤務先での手続きとなりますので、勤務先へご確認ください。

 

手当受給中の人の手続き

次に該当する場合には届出が必要になります。

・第2子以降の出生により養育する児童が増えた場合。

・児童を養育しなくなったことなどにより、支給対象となる児童が減ったり、いなくなった場合。

・引っ越しをして住所が変更になったとき。

・公務員になったとき、公務員でなくなったとき。

・手当の受給者または養育している児童の氏名が変わったとき。

現況届

現況届とは、毎年6月に児童手当を受給している人に提出していただく届出です。毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当等を引き続き受ける要件を満たしているかどうかを確認するためのものです。現況届の提出がない場合には、6月分以降の手当が受けられなくなりますのでご注意ください。現況届は毎年6月に町から受給者あてに送付します。

お知らせ

6月に町から送付した現況届をまだ提出されていない人は、至急、提出をお願いします。この届を提出しないと、受給資格があっても6月分以降の手当が受けられなくなりますのでご注意ください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

阿見町役場保健福祉部子ども家庭課

電話: 029-888-1111 ファクス: 029-887-9560

お問い合わせについて


Copyright (c)  Town of Ami All rights reserved