ページの先頭です
FAQ(よくある質問)

古い家屋の評価額について

[2016年8月30日]

家屋は年々老朽化していくのに、なぜ評価額が下がらないのですか?

回答

固定資産評価額の見直しは、地方税法上、3年に1度行われることとなっており、総務大臣が定める固定資産評価基準に基づいて見直されます。家屋の評価基準には、建築資材費や労務費等から積算した仕上げ資材や建築設備の単価等が定められています。 
家屋の評価額は、取得価格に減価償却率を乗じて求めるのではなく、評価見直しの年(基準年度)に同一の家屋を新築した場合に要する建築費を評価基準に基づいて算出し、それに建築後の経過年数に応じた経年減点補正率を乗じて求めます。
したがって、評価額は基準年度間の建築物価の変動に影響され、経過年数による経年減点補正率以上に建築物価が上昇すれば、前年度の評価額を上回る場合もあります。
ただし、実際は、基準年度の評価額と前年度の評価額とを比較して低い方を採用することとされており、基準年度の評価額が前年度の評価額を上回れば据置きとなり、下回れば下がることとなります。
このようなことから、家屋が古くなっても、必ずしも評価額が下がるとは限りません。
また、家屋の建築後の経過年数による経年減点補正率は、下限が20%(0.20)と決められており、これに到達すると経過年数が増えても減価されず、20%で一定になります。建築年次の古い家屋で評価額が下がらなくなった家屋は、すでに経年減点補正率の下限に到達しているということも考えられます。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

阿見町役場総務部税務課

電話: 029-888-1111 ファクス: 029-887-9560

お問い合わせについて


Copyright (c)  Town of Ami All rights reserved