ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    令和4年度霞ヶ浦地区水防訓練を行いました

    • [初版公開日:2022年06月22日]
    • [更新日:2022年7月6日]
    • ID:10377

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    霞ヶ浦地区水防訓練

    令和4年6月18日(土曜日)美浦村にて、令和4年度霞ヶ浦地区水防訓練が実施されました。

    当訓練は出水期を迎えるにあたり、水防体制の万全を期するため、稲敷市・美浦村・阿見町の消防団を対象に行う訓練になります。

    訓練

    土のう拵え
    土のう積み

    訓練当日は、新型コロナウイルス感染症及び熱中症の対策を行いつつ、

    必要最低限の人数として各市町村から計36名の消防団員が訓練に参加し、

    稲敷広域消防本部水防指導員の指導の下「土のう作成」及び「改良積み土のう工法」の作成を行いました。

    また、「シート張り工法」「繋ぎ縫い工法」の見学も行いました。

    これからの台風や集中豪雨などの出水期を迎える前に、水防の技術や知識を習得できる有意義な訓練となりました。

    用語説明等

    土のう…布袋の中に土砂を詰めて用いる土木資材のこと。水害時の応急対策などに用いられます。

        阿見町では阿見消防署にて保管しております。必要であれば1人10袋ほどまでお渡し可能です。

    改良積み土のう工法…堤防上部を防水シートで補強し、土のうを積み上げ水があふれることを防ぐものです。

    シート張り工法…川側の漏水面にシートを張り、漏水を防ぐためのものです。

    繋ぎ縫い工法…堤防の亀裂などが広がり堤防の崩壊を防ぐためのものになります。

    お問い合わせ

    阿見町役場町民生活部防災危機管理課

    電話: 029-888-1111

    ファクス: 029-887-9560

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム