ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    【受付終了】茨城県営業時間短縮要請等関連事業者支援一時金について(令和3年8月~9月分)

    • [初版公開日:2021年10月29日]
    • [更新日:2021年10月29日]
    • ID:9459

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    申請期限の延長に関するお知らせ【令和4年1月31日(月曜日)まで】

    今回の一時金の申請期限は、令和3年12月28日までとしておりましたが、事業者の皆様から、申請期間が年末の繁忙期に重なったことにより、申請期限の延長についてのご意見を多数いただいておりますことから、申請期限を1ヶ月延長し、令和4年1月31日(月曜日)までとすることといたしました。

    令和3年8月から9月の営業時間の短縮要請及び不要不急の外出・移動の自粛要請により影響を受け、売上が減少した中小企業及び個人事業者に対して、一時金を支給します。

    ※不正受給は犯罪です。虚偽の申請や不正手段での受給と判断された場合には、支給額を返還していただきます。併せて、加算金及び延滞金の納付を要します。また、悪質な場合は、申請者の屋号や氏名等を公表するとともに、刑事告発等の対応をいたします。

    ※一時金は課税対象となります。詳しくは管轄の税務署へ問い合わせてください。 

    申請要領(必ずご確認ください)

    営業時間短縮要請等関連事業者支援一時金の概要

    支給対象者の主な要件

    主な事業が茨城県の非常事態宣言等の影響を受け、以下の要件を全て満たす事業者が該当します。※その他、特例や詳細な要件もございますので、必ず申請要領をご確認ください。

    (1)2021年8月または9月のいずれかの月(以下、「対象月」という。)の売上が、前年または前々年(以下、「基準年」という。)の同月の売上と比べて30%以上減少

    (2)(1)営業時間短縮要請に協力した県内の飲食店及びカラオケ店・大規模集客施設(施設内テナントを含む)と直接の取引がある事業者、または、(2)不要不急の外出・移動の自粛による直接的な影響を受けた主に対面で商品やサービスを提供する事業者

    (3)対象月及び基準年の同月において、茨城県内に主たる事業所を有している

    (4)基準年において、所得税または法人税の納税地を茨城県内としている

    (5)申請日時点において、茨城県内で事業により売上を得ており、一時金の受給後も茨城県内で事業を継続する意思がある

    (6)中小企業または個人事業者等である

    (7)2020年8月から9月までを含む全ての事業年度の確定申告を行っている

    ※営業時間短縮要請等を受けた飲食店及びカラオケ店や大規模集客施設等は対象外です

    ※酒類製造業免許または酒類販売免許を所持している方は、酒類枠での申請が可能です。

    支給額

    1事業者1回のみの支給です。詳しくは申請要領をご確認ください。

    【一般枠】
    1事業者当たり20~500万円(年間売上高(税抜)に応じて算定)
    ・売上高 3,000万円未満/年:20万円
    ・売上高 3,000万円以上/年~1億円未満/年:30~90万円
    ・売上高 1億円以上/年~5億円未満/年:100~400万円
    ・売上高 5億円以上/年:500万円 

     

    【酒類枠】

    酒類販売業免許または酒類製造業免許を取得している事業者のみ選択可能です。8月分と9月分を合算して1回のみの支給です。

    次の(1)または(2)のうち、いずれか小さい方の金額

    (1)対前年(または対前々年)同月比での売上減少割合に基づく次の金額
    ・売上減少割合▲30%以上:法人:上限20万円/月、個人:上限10万円/月
    ・売上減少割合▲70%以上:法人:上限40万円/月、個人:上限20万円/月
    ・売上減少割合▲90%以上:法人:上限60万円/月、個人:上限30万円/月
    *2カ月連続で▲15%以上減少の場合、▲30%以上と同等とする〈1月分のみ支給〉

    (2)対前年(または対前々年)同月での売上減少額(差額)から国の月次支援金の給付可能性額(売上減少割合50%以上の場合:給付額が決定している場合は給付額、給付額未確定の事業者は、法人上限20万円/月、個人上限10万円/月、売上減少割合50%未満の場合は支給なし)を控除した金額

    ※酒類枠は、国の「新型コロナウイルス感染症対策地方創生臨時交付金(協力要請推進枠)」を活用した、特別枠であり、酒類販売業免許または酒類製造業免許を取得している事業者のみが申請可能です。

    受付期間

    令和3年10月29日(金曜日)から令和3年12月28日(火曜日)まで【当日消印有効】

    申請方法

    電子申請

    ※添付書類の合計が20MBを越える場合は申請できません。

     20MBメガバイトを越える場合は、原則書面申請としてください。

     500KBの写真40枚程度までは添付可能ですので目安としてください。


    一般枠の方(いばらき電子申請・届出サービス)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

     

    酒類枠の方(いばらき電子申請・届出サービス)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

    ※酒類枠は、国の「新型コロナウイルス感染症対策地方創生臨時交付金(協力要請推進枠)」を活用した、特別枠であり、酒類販売業免許または酒類製造業免許を取得している事業者のみが選択可能です。

    書面申請

    郵便物が追跡できる方法(簡易書留、レターパックなど)により以下へ送付してください。

     【送付先】〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6

          茨城県事業者支援一時金審査デスク 宛

    主な提出書類


    その他、省略可能な書類や追加書類が必要な場合もございますので、必ず申請要領をご確認ください。

    ■法人■

    (1)申請書(様式第1号)(ワード:98KB)

     申請書(様式第1号)(PDF:455KB)

    (2)2019年及び2020年の確定申告書

    (3)履歴事項全部証明書

    (4)役員等名簿(様式第2号)(ワード:46KB)

     役員等名簿(様式第2号)(PDF:83KB)

    (5)基準年に関する主な事業における年間事業収入内訳書(様式第3号)(エクセル:14KB)

     基準年に関する主な事業における年間事業収入内訳書(様式第3号)(PDF:115KB)

    (6)対象月の月間事業収入が確認できる日別の売上台帳等(エクセル:12KB)

     対象月の月間事業収入が確認できる日別の売上台帳等(PDF:67KB)

    (7)2019~2021年の対象月の事業収入の取引状況を示す書類(各年取引金額上位2者)

    (8)振込先口座の通帳の写し(表紙及び見開き)

    (9)不動産登記簿謄本【該当者のみ】

    (10)賃貸借契約書、使用賃貸承諾書、使用承諾書、賃借料領収書等【該当者のみ】

    (11)申請特例による追加書類【該当者のみ】

     収入等申立書(ワード:34KB) 等

     収入等申立書(PDF:50KB) 等

    (12)酒類販売業免許通知書または酒類製造免許通知書の写し及び酒類の製造・卸・販売業の実態がわかる写真【該当者のみ】

    (13)国の月次支援金の給付通知書の写し【該当者のみ】

    ■個人■

    (1)申請書(様式第1号)(ワード:98KB)

     申請書(様式第1号)(PDF:455KB)

    (2)2019年及び2020年の確定申告書

    (3)基準年に関する主な事業における年間事業収入内訳書(様式第3号)(エクセル:14KB)

     基準年に関する主な事業における年間事業収入内訳書(様式第3号)(PDF:115KB)

    (4)対象月の月間事業収入が確認できる日別の売上台帳等(エクセル:12KB)

     対象月の月間事業収入が確認できる日別の売上台帳等(PDF:67KB)

    (5)2019~2021年の対象月の事業収入の取引状況を示す書類(各年取引金額上位2者)

    (6)振込口座の通帳の写し(表紙及び見開き)

    (7)本人確認書類

    (8)住民税申告書【該当者のみ】

    (9)業務委託等収入が確認できる書類(ワード:30KB)【該当者のみ】

     業務委託等収入が確認できる書類(PDF:53KB)【該当者のみ】

    (10)申請特例による追加書類【該当者のみ】

     収入等申立書(ワード:34KB)

     収入等申立書(PDF:50KB)

    (11)酒類販売業免許通知書または酒類製造免許通知書の写し及び酒類の製造・卸・販売業の実態がわかる写真【該当者のみ】

    (12)国の月次支援金の給付通知書の写し【該当者のみ】

    申請要領・申請書類

    よくある質問

    ・営業時間短縮要請等関連事業者支援一時金に関するよくある質問一覧【準備中】

    問い合わせ窓口

    ■電話相談窓口(平日9時から午後5時)

     電話:029-301-5558

      相談内容が複雑な場合には、対面やWEBでの相談対応もできますので問い合わせてください。

    ■問い合わせフォーム(24時間受付)

     営業時間短縮要請等関連事業者支援一時金に関する問い合わせフォーム(別ウインドウで開く)

    ※頂いた質問のうち、よくある質問について、後日FAQとして公表します。(個別の返信は控えさせていただきます。)

    関連リンク

    お問い合わせ

    阿見町役場産業建設部商工観光課

    電話: 029-888-1111

    ファクス: 029-887-9560

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム