ページの先頭です

ニセ電話詐欺多発警報発令中(県南地域)

[2020年9月29日]

ニセ電話詐欺多発警報発令中(県南地域)

茨城県警察からニセ電話詐欺多発警報が発令されました。

ニセ電話詐欺多発警報発令状況

発令期間

令和2年9月24日から同年9月30日までの間

発令地域

県南地域:石岡警察署、土浦警察署、つくば警察署、牛久警察署、竜ケ崎警察署、稲敷警察署、取手警察署管内

ニセ電話詐欺被害状況

キャッシュカードを狙う手口が多発

令和2年8月20日から同年9月18日までの間

ニセ電話詐欺11件

  • オレオレ詐欺3件(※現金等をだまし取る手口)
    現金被害額計370万円
    キャッシュカード被害1枚(50万円の払い出し)
    被害額計420万円
  • キャッシュカード詐欺盗8件(※隙を見て偽カードとキャッシュカードをすり替えて盗む手口)
    カード被害枚数計22枚
    通帳1通(払い出しなし)
    払い出し額計1,069万5,000円

被害総額1,489万5,000円

ニセ電話詐欺被害防止のキーワード

ニセ電話詐欺被害防止のキーワードは

  • 自宅の在宅中も電話機を留守番電話に設定
  • 警告・録音機能つきの迷惑電話防止機能付き電話機の設置
  • 「還付金があります」「ATMへ行ってください」は全て詐欺
    ATMで還付金手続きはできません。
    携帯電話で通話しながら、ATMを操作させるのは詐欺です。
  • 「『携帯電話番号が変わった』等と話し、お金を要求する親族」は全て詐欺
  • 「暗証番号を教えて」「キャッシュカードを預かる・確認する」は全て詐欺
    警察官や市役所職員、金融機関職員等がキャッシュカードの暗証番号を聞いたり、受け取りに来ることは絶対ない!
  • 「電子マネーを購入して番号教えろ」は全て詐欺

アポ電を受けた時は、必ず相談

警察相談専用電話#(シャープ)9110に相談をお願います。

「暗証番号」は、絶対に教えない!「キャッシュカード」は、絶対に渡さない!

被害防止には、アポ電を受けないことが重要です。
犯人は、声を録音されることを嫌がるので、「留守番電話の設定」「迷惑電話防止機能付き電話機を設置」しましょう。

(茨城県警察ホームページより引用)

※詳しくは、下記の茨城県警察ホームページをご覧ください。

ニセ電話詐欺多発警報発令状況(外部サイトへリンク)

https://www.pref.ibaraki.jp/kenkei/a01_safety/security/f_nisedenwakeihou.html

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

阿見町役場産業建設部消費生活センター

電話: 029-888-1871 ファクス: 029-888-1871

お問い合わせについて


ニセ電話詐欺多発警報発令中(県南地域)への別ルート

Copyright (c)  Town of Ami All rights reserved