ページの先頭です

令和元年度保育施設利用案内

[2018年11月1日]

令和元年度保育施設利用案内

保育施設の利用については下記をご覧いただくほか、令和元年度保育所入所案内をお読みください
☆令和2年4月入所について、スケジュールを添付いたしましたのでご覧ください(下記ページに利用可能見込み数を掲載)

募集人数

令和元年度年齢表
 保育年齢 生年月日
 0歳 平成30年4月2日~
 1歳 平成29年4月2日~平成30年4月1日
 2歳 平成28年4月2日~平成29年4月1日
 3歳 平成27年4月2日~平成28年4月1日
 4歳 平成26年4月2日~平成27年4月1日
 5歳 平成25年4月2日~平成26年4月1日

令和元年度1月利用の受入可能見込み児童数です。(令和元年11月15日現在)

申込締切は12月10日(火曜日)です。

注意事項

  • 今後変動する可能性があります。めやすとして参考にしてください。
  • 年齢の基準は平成31年4月2日時点です。「令和元年度年齢表」をご参照ください。
  • 認定こども園は保育部分のみの人数です。
  • 各施設に特色や独自の基準がありますので、保育施設を選ぶ際には保育施設を見学し、詳細を確認してください。(見学については、各保育施設に電話でお申込みください)
令和元年度1月利用可能見込み児童数
保育施設名施設の種類0歳1歳2歳3歳4歳5歳利用可能年齢所在地電話番号
(市外局番:029)
中郷保育所公立保育所

0

00000生後8週~就学前阿見4002番地5887-3331
南平台保育所公立保育所000000生後8週~就学前南平台一丁目31番地6840-2081
二区保育所公立保育所000000生後8週~就学前うずら野一丁目29番地11841-2301
あゆみ保育園私立保育園

0

0000

0

生後3ヶ月~就学前阿見4958番地5888-3681
阿見ひかり保育園私立保育園0000

4

6

生後8週~就学前曙247番地1879-5155
さくら保育園私立保育園000000生後8週~就学前荒川本郷2033番地336896-3678
阿見きらり保育園私立保育園

0

00008生後8週~就学前荒川本郷1902番地1875-8135
阿見認定こども園幼保連携型認定こども園000000生後8週~就学前阿見5205番地2887-7388
認定こども園 ふたば幼稚園幼稚園型認定こども園---

0

0

0

3歳~就学前岡崎三丁目2番地1887-0055
認定こども園 阿見みどり幼稚園幼稚園型認定こども園---

0

003歳~就学前鈴木25番地10887-7471
小規模保育園 虹いろキッズ小規模保育000---生後3ヶ月~2歳鈴木59番地4893-2273
ニチイキッズあみ保育室小規模保育000---生後8週~2歳阿見3962番地6891-0855

キッズハウスにじの森

小規模保育000---生後8週~2歳うずら野34番地13

029-845-7654

家庭的保育事業所 まるこのおうち家庭的保育---生後6ヶ月~2歳廻戸272番地3

090-7946-1263

家庭的保育事業所 にこちゃんランド家庭的保育---生後6ヶ月~2歳阿見246番地

070-3996-1647

家庭的保育事業所 ふらわぁばすけっと家庭的保育---生後6ヶ月~2歳中央六丁目19番28号

888-9617

※家庭的保育事業所(年齢ごとの定員がないため、0歳~2歳までを合わせた空き状況となります) 

まるこのおうち:募集なし,にこちゃんランド:募集なし,ふらわぁばすけっと:募集なし

※二区保育所の1歳児は分室のみの受入れとなります。

町外に住所がある方

保育施設の利用をご希望の方は、お住いの市区町村を通して阿見町にお申し込みください。

町内に住所がある方が優先のため、0~2歳児クラスについては原則受け入れを行っておりません。あらかじめご了承ください。

(※町内に転入の予定がある場合を除く)


申込内容

対象

保護者のいずれもについて下記の「保育の必要な事由」があり、児童を保育する人がいない場合

  1. 居宅外で労働している場合
  2. 居宅内で当該児童と離れて、日常の家事以外の労働をしている場合
  3. 妊娠中であるか、または、出産後間がない場合
      (出産予定月とその前後2ヶ月の計5ヶ月以内)
  4. 病気、負傷、心身に障害がある場合
  5. 同居の親族を長期にわたり、常時介護している場合
  6. 震災、風水害、火災その他の災害の復旧に当たっている場合
  7. 求職活動をしている場合
  8. 就学、技術取得をしている場合
      (放送大学・通信制大学等の自宅学習、趣味の講座、カルチャースクールは除く)
  9. 虐待やDVのおそれがある場合
  10. 育児休業取得中に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要な場合
  11. 町長が認める前各号に類する状態にある場合

1、2、5、8について、就労等の時間が月60時間未満は認められません。

以上のことが常態となっている方に限ります。そのため、「小学校入学準備のため」、「集団保育を経験させるため」、「幼児教育の場として利用したい」、「下の子どもの保育に手がかかるため」等の理由だけでは利用の対象となりません。

保育の必要性の認定

平成27年4月からの子ども・子育て支援制度の開始により、保育施設の利用をご希望の方は保育の必要性に応じた認定を受けていただく必要があります。保育施設の利用申込みと同時に認定申請を行い、認定結果も利用申込みの結果と一緒にお送りします。
認定内容
区分対象利用先
1号認定満3歳以上で,保育の必要がなく,教育を希望されている方(教育標準時間認定)。例:満3歳以上で,両親のどちらかが専業主婦(夫)の場合など,お子さんがご家庭で保育を受けることができる場合幼稚園、認定こども園(教育部分)
2号認定満3歳以上で,「保育の必要な事由」に該当し,保育所等での保育を希望されている方(保育認定)。例:満3歳以上で,両親が共働きや病気などの世帯で,ご家庭でお子さんを保育することが難しい場合保育所、認定こども園(保育部分)
3号認定満3歳未満で,「保育の必要な事由」に該当し,保育所等での保育を希望されている方(保育認定)。例:満3歳未満で,両親が共働きや病気などの世帯で,ご家庭でお子さんを保育することが難しい場合保育所、認定こども園(保育部分)、家庭的保育、小規模保育

2号、3号認定については、さらに保育の必要量に応じて区分が二つに分かれます。時間帯は施設ごとに設定しています。

  • 保育標準時間
    1日11時間まで利用可能(フルタイムまたはそれに近い就労時間の場合)。月120 時間以上の就労時間の方
  • 保育短時間
    1日8時間まで利用可能(パートタイムまたはそれに近い就労時間の場合)。月60時間以上120 時間未満の就労時間の方

詳しい説明はこちらをご覧ください

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

申込受付

申込場所・持ち物

・場所 阿見町役場子ども家庭課

・持ち物 利用申込書及び必要書類、印鑑(シャチハタ可)

      ※マイナンバーの記入及び本人確認が必要です。申請の際は下記のいずれかをお持ちください。

       (1)個人番号カード(申請書による保護者及び児童)

       (2)通知カード(申請書による保護者及び児童)、身分証明書(申請書による保護者)

       (3)個人番号が記載された住民票

申込時の必要書類

  • 子どものための教育・保育給付支給認定申請書兼利用申込書
  • 家庭状況調書
  • 家庭で保育できないことのわかる書類

 同居している両親の書類がそれぞれ必要になります。
 同居の祖父母等(65歳未満)がいる場合、同居の祖父母等の証明書は必須ではありませんが、証明書が提出されないと、保育の必要性の優先度について不利になることがあります。

常勤・パートの場合 勤務(内定)証明書 内職の場合 内職証明書 農業の場合 農業状況申立書(第三者の証明が必要) 自営業の場合 自営状況申立書(第三者の証明が必要) 出産の場合 申立書・母子手帳の写し(分娩予定日がわかるページ) 病気・障害の場合申立書・診断書または障害者手帳の写し 病人等の介護 申立書・診断書または介護保険被保険者証,障害者手帳等の写し 就学 在学証明書およびカリキュラム

  • 市区町村民税課税証明書【平成30年1月2日以降に転入された人は、平成30年度(平成29年分)。】

申し込み時の必要書類は、役場1階子ども家庭課にあります。また、下記からもダウンロードできます。
※記載されている年度が「平成31年度」表記となっている場合は、「令和元年度」と読み替えてご使用ください。

必要書類

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

利用調整

利用希望者について基準に基づいて点数付けを行った後、子ども家庭課の職員や保育施設の施設長などが参加する利用調整会議を開催し利用者を調整します。利用調整会議は毎月15日頃開催されます。

●保育施設の利用調整(選考)について
保護者の利用希望が保育施設の受け入れ能力を上回り,全員の利用が困難である場合に,町があらかじめ定めた基準に基づく優先順位にしたがって利用調整を行い,利用調整会議において決定されます。

(1) 保育を必要とする事由やその状況に応じた「基本指数」及びその他の状況(ひとり親世帯、兄弟利用等)に応じた「調整指数」の合計指数の高い世帯の児童から,優先順位を設定します。
(2) 指数の高い児童から,希望する保育施設における年齢ごとの空き状況をもとに,利用を内定します。(申し込み順ではありません。)
希望する施設の年齢枠に空きが無い場合は,第2希望→第3希望→第4希望→第5希望と同様に確認します。希望する施設の年齢に空きが無い場合は,“利用保留”(入所待ち)となります。
(3) 申込者全員の利用調整を行い,結果通知書をお送りします。

幼稚園や認定こども園(教育部分)をご希望の方へ

希望施設への利用申込みが必要となります。申込みの日程等につきましては各施設にご確認願います。

町外の保育施設を希望される場合

他市区町村の保育施設の利用を希望される場合は、その市区町村の指定する締め切りまでに申し込む必要があります。申込方法についても状況により異なり、直接申込みする場合や、阿見町子ども家庭課の窓口を通して申込する場合があります。あらかじめ希望先市区町村に、下記の事項をご確認ください。 


・現在阿見町に在住しているが受け入れは可能か(希望先市区町村に転入の予定がある場合は、その旨も合わせてお伝えください)

・申込方法

・申込の締切日

・何施設まで希望できるか

・保育施設の空き状況


ご不明な点がある場合は、阿見町子ども家庭課までご相談ください。

申込を取り下げる時

申し込みを取り下げる時は、届出が必要です。「保育施設利用申込取下届」をご記入のうえご提出ください。

利用を開始してからのお手続き

下記のような時は別途手続きが必要になります。

申込状況に変更が生じた時

転居による住所変更や出産により家族構成の変更、勤務先の変更など、申込状況に変更が生じた時は「支給認定変更届出書」を記入し、支給認定証を添付のうえ町子ども家庭課までご提出ください。利用申し込み以降、4月1日の利用開始までに申込内容に変更があった場合にも届出が必要です。

支給認定状況に変更が生じた時

勤務時間の変更などによる保育必要量(「保育標準時間」「保育短時間」の区分)の変更や、退職や育児休業取得にともなう必要事由の変更など支給認定状況に変更が生じた時は「支給認定変更申請書」を記入し、支給認定証を添付のうえ、町子ども家庭課までご提出ください。

支給認定証を紛失・破損した時

支給認定証を紛失・破損した時は、再交付いたしますので、「支給認定証再交付申請書」をご記入のうえ町子ども家庭課までご提出ください。

保育施設をやめる時

利用中の保育施設をやめる時は「退所(園)届」を記入し支給認定証を添付のうえ、町子ども家庭課までご提出ください。月単位の利用となるため、通常月の末日で退所(園)となります。

保育施設を変更したい時

利用中の保育施設を変更したい時は変更したい月の前の月10日(土曜日、日曜日祝日の場合は直前の平日)までに、「支給認定変更申請書」をご記入のうえご提出ください。変更希望の施設に空きがない場合は変更できませんので、ご了承ください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

阿見町役場保健福祉部子ども家庭課

電話: 029-888-1111 ファクス: 029-887-9560

お問い合わせについて


Copyright (c)  Town of Ami All rights reserved