阿見町国際交流協会

Ami International Exchange Association

協会について|設立趣旨

阿見町では国際化に向けた町づくりを推進するため、平成7年に「阿見町国際交流推進計画」を策定し、以後、国際交流シンポジウム、国際親善パーティー、語学講座、友好スポーツ大会等を計画する一方、アメリカ合衆国ウイスコンシン州スーペリア市と姉妹都市提携を盟約し各種の交流事業を実施してきました。

しかし、地域レベルの国際化を進めるために町民のニーズと創意に基づく新しい構想による国際交流の推進が急務となりました。そのために町民が主体となる「阿見町国際交流協会」を設立し、国際社会に生きる人づくり及び世界に開かれた町づくりを目指した草の根活動を展開しています。



規約(抜粋)

事業
第1条
    協会は、前条の目的を達成するために、阿見町国際交流推進計画に基づき、次の事業を行う。
  1. 国際交流に関する事業の企画立案及び実施
  2. 国際交流に関する趣旨の徹底
  3. 国際交流に関する情報、資料の収集及び普及
  4. その他国際交流の推進のために必要な事業
役員
第5条
    協会に、次の役員をおく。
  1. 会長   1人
  2. 副会長  2人
  3. 理事   20人以内
  4. 事務局長 1人
  5. 会計   2人
  6. 監事   2人
2. 会長及び副会長は、理事の互選とする。
3. 理事及び監事は、総会において選出し、事務局長及び会計は事務局の中から会長が委嘱する。
4. 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
5. 役員が欠けた場合の後任者の任期は、前任者の残任期間とする。
理事会
第10条
    理事会は、会長・副会長・理事及び会計をもって構成し会長が随時召集する。理事会で取り扱う事項は、次のとおりとする。
  1. 総会に提出する議案の審議。
  2. 事業計画及び予算案の編成に関すること。
  3. 事業及び予算の執行に関すること。
  4. その他必要な事項
専門委員会
第11条
    理事会は、協会の事業を推進するために専門委員会を設けることができる。
  1. 都市・文化交流委員会
  2. 語学研修委員会
  3. ホームスティ委員会
  4. 広報委員会
2. 専門委員会は、協会の事業の具体化のため、各々の所管に基づき、企画立案及び実施にあたる。
3. 各専門委員会に、委員長及び副委員長をおく。
4. 各専門委員会に部会を設けることができる。
運営委員会
第12条
教会の事業活動を円滑に推進するために、運営委員会を設けることができる。
2. 運営委員会は、会長・副会長・理事若干名及び各専門委員会の委員長及び副委員長をもって構成する。
3. 運営委員会で協議する事項は、次のとおりとする。
  1. 予算及び事業計画に基づく協会の具体的事業の執行に関すること。
  2. 各専門委員会館の活動の調整に関すること。
  3. その他必要な事項
会費
第14条
協会の会費は、次のとおりとする。
 個人会員  年額 1,000円(一口以上)
 学生会員  年額 1,000円(中学生以下は年額500円)
 賛助会員  年額 10,000円(一口以上)
組織
組織図
阿見町国際交流協会


会長挨拶



会長 千葉繁

会長 千葉 繁

 阿見町国際交流協会は、国際化時代に対応するための組織として、1997年(平成9年)11月の発足以来、町内在住外国人との地域交流と姉妹都市・友好都市交流を主要な柱として、国際社会に生きる人づくり、世界に開かれたまちづくりを目指して、草の根交流活動を展開しています。
 これからも、外国人の日本文化体験や町民が外国文化に触れられる交流活動のほか、姉妹都市の米国スーペリア市、友好都市の中国柳州市との交流を推進し、多文化共生のまちづくりを進めてまいりたいと思います。

 阿見町国際交流協会では、「外国人のための日本語教室」も開催しております。学習者一人ひとりのレベルに応じたきめ細やかな指導を行っており、多くの留学生や技能研修生、その家族などが日本語を学んでいます。
在住外国人が増加傾向にある中で、今後は、阿見町に来て良かった、阿見町は素晴らしいところだと、外国人の方々に思ってもらえるような交流の仕方が必要だと思います。町民の皆様におかれましては、阿見町国際交流協会の活動に対しまして、これまで以上のご理解とご協力をお願い申し上げます。





平成31年度 阿見町国際交流協会役員名簿

役職 氏名 備考
会長 千葉 繁 町長
副会長 糸賀 忠 町区長会代表
副会長 坂上 伸生 茨城大学農学部准教授
理事 吉田 憲市 町議会議長
理事 海野 隆 町議会議員
理事 久保谷 充 町商工会副会長
理事 石引 英世 茨城かすみ農業協同組合副組合長
理事 湯原 正人 町教育委員会代表 教育長
理事 栗山 加代子 町校長会代表(竹来中学校校長)
理事 水野 正明 町内企業代表(三菱ケミカル㈱ 研究推進部)
理事 鈴木 義則 福田工業団地代表(㈱吉野工業所筑波工場管理課総務リーダー)
理事 高 紅勝 筑波南第一工業団地代表(日本ポール製造株式会社 筑波工場 工場長)
理事 小林 正孝 阿見ライオンズクラブ会長
理事 佐藤 勲 阿見ロータリークラブ会長
理事 国井 武 町金融団代表(常陽銀行阿見支店長)
理事 ニール デイビッドパリー 茨城県立医療大学教授(国際交流委員会委員長)
理事 伊藤 哲一 阿見町国際交流協会 専門委員会代表
理事 福田 守夫 阿見町国際交流協会 専門委員会代表
顧問 川田 弘二 阿見町国際交流協会 顧問
監事 橋本 正和 町金融団代表(常陽銀行 荒川沖支店長)
監事 湯原 幸徳 町長公室長
事務局長 湯原 清和 町長公室政策秘書課 国際交流推進員
会計 小野 京子  





入会案内

あなたも国際交流活動をしませんか?
阿見町国際交流協会では、あなたの入会をお待ちしております。

入会手続き

入会申込書に必要事項を記入し、年会費を添えて事務局で手続きを行って下さい。

《会 費》
個人会員 年額 1,000円 1口以上
学生会員 年額 1,000円 ※中学生以下は、500円
賛助会員 年額 10,000円 1口以上
《申込み》
①国際交流協会事務局に現金を添えて申し込む
②郵送またはE-mailなどで入会申込みを行い、銀行振込みで入金する
《振込先》
常陽銀行阿見支店 普通口座 1214655
阿見町国際交流協会 会長 千葉 繁
《入会申込書》
入会を希望される方は、所定の申込書に記入の上、国際交流協会事務局までご持参いただくか、FAXにてお送り下さい。
※下記のPDFをクリックして入会申込書を表示させてプリントアウトして下さい。

会員申込書 会員申込書

各申込書はPDFファイルです。ご利用になる場合は、Adobe Readerが必要です。
無料ダウンロードは下のアイコンをクリックして下さい。※別ウインドウで開きます
アドビリーダーダウンロード

《入会にあたって》
会員は、専門委員会(下記)に加入し自主的な企画・運営に参加する事ができます。
また、各専門委員会に属さない場合でも協会の活動に参加できます。会員には、国際交流関係のイベント情報・ニュース等を掲載した会報『NOW』が年3回郵送されます。

 

専門委員会のご案内

都市・文化交流委員会
姉妹都市、友好都市との交流促進や在住外国人との交流など
 ①姉妹都市(米国スーペリア市)との学生・町民交流
 ②友好都市(中国柳州市)との学生・町民交流
 ③在住外国人との交流(花見会、まい・あみ・まつり、料理の集い、ハッピータイムなど)
語学研修委員会
外国語の学習、他国の文化理解を深める場として語学講座の提供
 ①語学講座の開催(英語、中国語、日本語など)
 ②通訳・翻訳の援助など
ホームステイ委員会
友好都市・姉妹都市からの学生市民訪問団を中心にホストファミリーとして、宿泊の提供やホームビジットの受入・紹介及び世界文化紹介など
広報委員会
協会活動の情報提供
 ①阿見町国際交流協会広報誌『NOW』の発行
 ②ホームページの更新・管理
 ③セミナー(国際交流研修)の開催など


協会事務局

阿見町国際交流協会(Ami International Exchange Association/AIEA)
〒300-0392 茨城県稲敷郡阿見町中央1-1-1 阿見町役場内2階
 JR常磐線土浦駅東口からバス20分
 開館:火~金 9:30~16:15(日・月・祝休館)
 TEL:029-888-1111(内線292)
 FAX:029-887-9560    
 E-mail:aiea-ami@atlas.plala.or.jp
 ホームページ:http://www.town.ami.lg.jp/aiea/



Copyright © 阿見町国際交流協会|Ami International Exchange Association(AIEA). All Rights Reserved.