ページの先頭です

町長からのメッセージ

[2020年9月24日]

【町長メッセージ】医療従事者の皆様に心より御礼申し上げます(令和2年9月15日)

※動画視聴にかかる通信料は、視聴される方の負担になります。パケット通信料の契約プランや通信環境によっては、通信料が高額になる場合がありますのでご注意ください


(全文)

はじめに,新型コロナウイルス感染症が,未だ収束に至らない中,引き続き,地域医療をお支えいただいております医療従事者の皆様の大変なご尽力に対し,心より御礼申し上げます。

また,感染防止対策に苦慮されながら,介護や教育・保育に従事されている皆様,継続して感染防止対策にご協力いただいている町民の皆様に,改めまして心より感謝申し上げます。


さて9月11日,茨城県から,町内の東京医科大学茨城医療センターにおいて,看護師や入院患者など,複数の陽性者が判明し,クラスターが発生した可能性が高いとの発表がありました。 

同センターは,新型コロナウイルスに対応する「重点医療機関」に指定されており,阿見町をはじめとする地域の医療を支える中核として,日夜,懸命に私たちの命を守ってくださっております。心より感謝申し上げます。 


今回,複数の看護師の方にも陽性者が確認されたということでありますが,本人はもとより医療従事者の皆様やご家族に対しての誹謗中傷や差別などは,決してあってはなりません。

町民の皆様には,人権尊重・個人情報の保護に,ご理解とご配慮をお願いいたします。


そして,これまで,皆様が実践しております「手洗い」「マスクの着用」「3密を避ける」などの感染防止対策を,引き続きお願いいたします。

この厳しい状況を,町民一丸となって乗り越えていきましょう。

町民の皆様のご健勝を心からご祈念申し上げますとともに,これまで同様,ご協力をお願いいたします。


令和2年9月15日

阿見町長 千葉 繁

【町長メッセージ】新たな町独自の支援策をお知らせします(令和2年8月3日)

※動画視聴にかかる通信料は、視聴される方の負担になります。パケット通信料の契約プランや通信環境によっては、通信料が高額になる場合がありますのでご注意ください


(全文)


はじめに,新型コロナウイルス感染症が,未だ収束に至らない中,引き続き,地域医療をお支えいただいております医療従事者の皆様,感染防止対策に苦慮されながら,介護や教育・保育に従事されている皆様の大変なご尽力に対し,心より御礼申し上げます。
また,町民の皆様や,さまざまな事業者の皆様が,継続して感染防止対策にご協力いただいていることにつきまして,改めまして心より感謝申し上げます。


さて,茨城県では,県内において感染者が増加していることから,7月31日,県の「コロナ対策指針」を「ステージ2」から,感染拡大している状態である「ステージ3」に引き上げました。

東京都内の感染状況の指標については,1日あたりの感染経路不明の陽性者数が直近1週間の平均で100人を超えていることから,「ステージ4」となっており,十分な注意が必要であります。町民の皆様には東京都への不要不急の移動・滞在につきまして,自粛をお願いいたします。

特に,重症化リスクが高いご高齢の方,基礎疾患をお持ちの方,及び妊婦の方は,普段の外出につきましても慎重に対応するなど,十分に注意してください。


感染拡大防止のため,県では,感染者と接触した可能性のある人にメールで通知する,県独自のシステム「いばらきアマビエちゃん」の普及促進に取り組んでいます。
飲食店などに事業者登録をしていただき,その店舗を訪れた際に利用者が登録することで,そこで感染者が出た場合,同じ日に利用した人にメールで通知され,「帰国者・接触者相談センター」への相談を呼びかけるものです。
皆様の積極的なご登録を,お願いいたします。


また,町では,「あみメール」を使いコロナ関連情報や防災情報をいち早くお届けしております。1世帯1人以上の登録を目標に20,000件を目指しております。登録方法は,町ホームページや広報紙でお知らせしておりますので,是非とも,ご登録をお願いいたします。


そして,社会経済活動を進めていくには,生活基盤の安定と町経済の下支えが大変重要になってまいります。

新たな町独自の支援策は,まず,子育て支援として,国の特別定額給付金の基準日の翌日となる,4月28日以降に生まれた子供に対して1人当たり10万円を支給いたします。
 
また,健康対策として,インフルエンザの発症予防及び重症化予防のため,予防接種費用の全額を,生後6か月から中学3年生までの方と65歳以上の方に助成いたします。
町のがん検診等の自己負担額については,密解消のために,医療機関で受診となった方も集団健診と同額にし,経済的負担を軽減いたします。

事業者支援としましては,国の持続化給付金の支給対象とならない町内中小企業に対し,売上高が前年同期比30%以上50%未満に減少した場合,個人事業主に10万円,法人に20万円を支給いたします。

感染症対策としましては,災害時の避難所に設置するダンボール製パーテーション,ひなんルーム等の購入や,図書館への図書除菌機の導入など,各公共施設の安心・安全の確保に向けた対策を強化するとともに,全行政区の集会施設に消毒液,非接触型体温計などの必需品を配布してまいります。

これらの事業の予算につきましては,いち早く取り組んでいくため,7月30日の町議会臨時会においてご承認をいただきました。誠にありがとうございます。


感染者につきましては,県内でも増加している状況が続いておりますので,今後も気を緩めずに行動しなければなりません。

これまで,皆様が実践しております「手洗い」「マスクの着用」「3密を避ける」などの感染防止対策を,引き続きお願いしますとともに,繰り返しになりますが,東京都への不要不急の移動・滞在につきまして,自粛をお願いいたします。通勤・通学などで,やむを得ず滞在される方も,会食等,極力避けるなど最大限の感染防止対策をお願いいたします。

今後も,厳しい状況が続きますが,町民一丸となってこの難局を乗り越えていきましょう。

町民の皆様のご健勝を心からご祈念申し上げます。


令和2年8月3日

阿見町長 千葉 繁


「茨城版コロナNext」 対策StageをStage3に強化

「いばらきアマビエちゃん」について

【町長メッセージ】茨城県のコロナ対策の段階が「ステージ2」に引き上げられました(令和2年7月7日)


(全文)


はじめに,引き続き地域医療をお支えいただいております医療従事者の皆様のご尽力に対し,心より御礼申し上げます。
また,少しずつ社会経済活動が再開されている中で,町民の皆様,さまざまな事業者の皆様が,継続して感染拡大防止のための対策にご協力いただいていることにつきまして,改めまして心より感謝申し上げます。

さて,茨城県では,7月3日,県内において複数の新型コロナウイルス感染者が確認されたことに伴い,県の「コロナ対策指針」を改定するとともに,基準をこれまでの「ステージ1」から「ステージ2」に引き上げを行いました。


東京都内において,100人を超える感染者が続いており,感染経路不明の陽性者数も多いことから,町民の皆様には東京都への移動・滞在について慎重な対応をお願いいたします。

特に,重症化リスクが高いご高齢の方,基礎疾患をお持ちの方,及び妊婦の方は,普段の外出についても慎重に対応するなど,十分に注意してください。

また,事業者の皆様には,業種別ガイドラインを活用した感染防止対策の実施と,感染拡大防止システム「いばらきアマビエちゃん」の登録をお願いいたします。


町立小中学校においては,県の「コロナ対策指針」の改定により,「ステージ2」では「原則,学校活動は通常どおり行う」ことになりました。
町では「学校再開に向けた新型コロナウイルス感染症への対応について」のガイドラインを作成し,これに従って,しっかりと感染予防対策を行ったうえで通常登校を実施しております。


本町では4月18日以降,新たな感染者は確認されておりません。
しかしながら,県南地区を中心に感染者が発生している状況ですので,今後も気を緩めずに行動しなければなりません。

これまでの,町民の皆様のご努力・ご協力に改めて感謝申し上げますとともに,引き続き「手洗い」「マスクの着用」「3密を避ける」などの感染防止対策を実施いただくとともに,東京都への不要不急の移動・滞在について慎重な対応をお願いいたします。


令和2年7月7日

阿見町長 千葉 繁


【7月3日~】茨城版コロナNext(コロナ対策指針)の改定について

「いばらきアマビエちゃん」について



【町長メッセージ】社会経済活動の再開に向けて(令和2年5月27日)


(全文)


はじめに,地域医療を懸命にお支えいただいております医療従事者の皆様の大変なご尽力・ご協力に対し,心より御礼申し上げます。
さらに,介護や保育に従事されている皆様,商業・物流をはじめとして,私たちの生活を支えて下さっているすべての皆様に,心より感謝申し上げます。
また,町民の皆様には,継続して外出自粛や休業要請などにご協力をいただき,誠にありがとうございます。


さて,5月14日,国の緊急事態宣言が茨城県を含む39の県で解除され,21日に近畿3府県,25日には首都圏を含めた全域で解除となり全国的に社会経済活動再開に向けた動きが進んでおります。
県では,5月18日以降,一番厳しい基準である「ステージ4」から「ステージ3」に引き下げを行い,25日からは「ステージ2」に段階的に引き下げ,高齢者等の重症化リスクの高い人を除いて,平日と週末の夜間を含めた外出自粛を解除しました。休業要請については,「濃厚接触が避けられない」・「感染経路がたどりにくい」業種を除いて解除となりました。少しずつ自粛等の解除が進んでおりますが,不要不急の首都圏への往来は,もうしばらくの間,自粛をお願いいたします。


これまで,町では感染症予防対策として,町の備蓄マスクやさまざまな方々から寄贈いただいたマスクを小中学生や妊娠中の方,ご自宅にお住いの介護サービスを利用していない75歳以上の方,町内の「診療所」,「介護事業所」,「障害者支援事業所」,「保育施設」等に配布させていただきました。
現在も,各方面からマスクや消毒液等,温かいご支援をいただいており,中学生・高校生からも素晴らしい手作りマスクをいただきました。皆様からのお心遣い,ほんとうにありがとうございます。
少しずつ,社会経済活動再開に向けた動きが始まる中で,町立小中学校については,しっかりと感染予防対策をしたうえで5月25日から6月5日までの期間で,分散登校を開始しております。
今後は,再度,小中学生と3歳から5歳のお子さまへのマスクの配布を予定しております。


町内施設の再開につきましては,1日も早く町民の皆様の学びの場を再開したいという想いで,図書館について他の施設に先がけて5月20日から開館いたしました。感染拡大防止のため,開館時間の短縮や滞在時間の制限など,ご不便をおかけしておりますこと,ご容赦をお願いいたします。
その他,予科練平和記念館や公民館,ふれあいセンター,体育施設などは6月9日からの再開に向けて準備を進めておりますので,もうしばらくお待ちくださいますようお願いいたします。


国の特別定額給付金の給付につきましては,マイナンバーカードによるオンライン申請分については5月13日から入金を開始し,申請書ダウンロード方式による郵送申請分については5月19日から入金を開始しております。
全世帯への郵送申請書類につきましては,5月25日に発送しましたので,届き次第,申請いただきますようお願いいたします。


外出自粛の中,テイクアウトやデリバリーに対応している町内飲食店を応援する「#阿見エールめし」が,お陰様で大変に好評です。和食,洋食,中華のほか,バラエティーに富んだ店舗が5月25日時点で35店参加し,持ち味を出した弁当などを販売しています。どうか,町民の皆様にも奮ってご利用いただき,町内飲食店支援のためご協力をお願いいたします。


今後,これまでの日常を取り戻していくため,生活基盤の安定と町経済の下支えが大変重要となってくると考えております。
そのための施策として,『販売総額2億円,プレミアム率30%の商品券の発行』,『移動スーパー車両の増車』などを予定しております。
子育て・高齢者支援としては『ひとり親世帯の児童扶養手当受給者に対する1万円の給付』,『児童扶養手当受給者や75歳以上の単身者への1万3千円のプレミアム商品券の配布』などを予定しております。
事業者支援としては『「#阿見エールめし」参加店舗へ上限5万円の支度金給付』,『阿見のお米でつくった振舞酒事業』,『保育施設への給食費助成事業』などを予定しております。
関連する経費については,6月定例会に補正予算案として上程いたします。


本町では4月18日以降,新たな感染者は確認されておりません。
このまま収束に向かうのが理想でありますが,見えないウイルスとの戦いですので,感染拡大の第2波も想定し気をゆるめずに行動しなければなりません。
これまでの,町民の皆様のご努力・ご協力に改めて感謝申し上げますとともに,これまで皆様が実践してきた「手洗い」「マスクの着用」「3密を避ける」の予防対策を「新しい生活様式」として習慣づけ,引き続き実施いただきますよう,よろしくお願いいたします。


令和2年5月27日

阿見町長 千葉 繁


【町長メッセージ】引き続き感染拡大防止のご協力をお願いします(令和2年5月11日)

はじめに,地域医療を懸命にお支えいただいております医療従事者の皆様の大変なご尽力・ご協力に対し,心より感謝申し上げます。

また,町民の皆様には,大型連休を含め,継続して外出自粛や休業要請などにご協力をいただき,誠にありがとうございます。

 さて,先日(5月7日),大井川県知事から新型コロナウイルス感染症に係る「社会経済活動再開に向けた現状認識と考え方等」が示されました。社会経済活動再開の基本方針として,県内の医療提供体制や県内・都内の感染状況により,専門家の意見も踏まえ,現状のStage(ステージ)を4段階で判断するというもので,Stageごとに「外出自粛」「休業要請」「学校再開」の基準を定めた「茨城版コロナ対策指針」を策定しました。現在は,最も厳しい段階の対策をとっていますが,政府の方針も踏まえつつ,今後も1週間程度陽性者数等が抑制できれば,外出自粛・企業や学校の休業要請を段階的に緩和するとしています。

感染状況や対応策をStageごとに分類し,そして指標をもって具体的に明示することで,とても分かりやすい内容となっております。

阿見町としましても,今後の国・県の動向を見据えて適切に対応してまいりたいと考えております。

 これまで,町民の皆様のご努力・ご協力により,本町では4月18日以降,新たな感染者は確認されておりません。町民の皆様には大変ご不便をおかけし,ストレスや精神的疲労を感じている方も多いのではないかと思いますが,引き続き,感染拡大防止のため,こまめな手洗い等の感染予防対策を励行し,不要不急の外出,特に首都圏など,県をまたいだ移動を控えていただくとともに,密閉・密集・密接の『3つの密』を避けるよう,意識して行動してください。

 ご自身を守るため,ご家族を守るため,身近な方々を守るため,この厳しい状況を,町民が心を一つにして乗り越えていきましょう。

皆様のさらなるご協力をお願いいたします。

 令和2年5月11日

阿見町長 千葉 繁

新型コロナウイルス感染症に係る知事メッセージ(別ウインドウで開く)

【町長メッセージ】大型連休を迎えるにあたって(令和2年4月24日)

大型連休を迎えるにあたり,町民の皆さまに,改めて「新型コロナウイルス感染症拡大防止について」お願いをいたします。

  4月16日に全都道府県に緊急事態宣言が発令されました。このうち茨城県は,感染拡大防止策を重点的に行う必要がある「特定警戒都道府県」と位置付けられています。町民の皆さまには,大型連休を含む5月6日までの期間,感染拡大防止のため,昼夜を問わず首都圏を含め不要不急の外出をお控えいただくとともに,密閉・密集・密接の『3つの密』を避けるよう,意識して行動してください。そして,こまめな手洗いと,せきエチケットを徹底していただき,発熱等の症状が見られたら,毎日,体温の測定を行い,外出を控えてください。

 さらに,首都圏にお住いの家族等に対する帰省の自粛をお願いします。やむを得ず帰省された場合は,なるべく家族との接触を避け,14日間,実家等の帰省先で待機するとともに,「帰国者・接触者相談センター」である竜ケ崎保健所へ連絡をお願いいたします。

  また,町では皆さまの感染症予防対策として,町の感染症用備蓄マスク,及び友好都市「柳州市」よりご寄付いただきましたマスクの配布を始めております。

 枚数に限りがあるため,感染リスクが高いと言われている方々などに優先してお配りさせていただきますこと,ご理解をお願いいたします。

 これまでに,小中学生や町内の「診療所」,「介護事業所」,「障害者支援事業所」に配布いたしましたが,今後は,妊娠中の方やご自宅にお住いの介護サービスを利用していない75歳以上の方に、郵送等によりお届けいたします。

 また,阿見町商工会青年部より寄贈いただいた子供用マスクとアルコール消毒液は保育施設等に配布させていただきます。

 皆さまへの経済的な支援として,国において特別定額給付金(仮称)10万円の給付が決まりました。町としての受付及び給付開始日など,詳細が決まり次第速やかにお知らせいたします。

 事業者の皆さまへの「茨城県の緊急事態措置の休業要請に伴う協力金」や「セーフティーネット保証制度」については,県または町のホームページで詳細をご確認ください。

 町観光協会の取り組みとして,外出自粛の中,テイクアウトやデリバリーに対応している町内飲食店を応援する「#阿見エールめし」と題したキャンペーンを実施します。登録された飲食店から料理をご購入いただき,料理の写真やコメントをSNSに投稿することで応援する取り組みですので皆さまのご協力をお願いいたします。

  厳しい状況が続いておりますが,ご自身を守るため,ご家族を守るため,身近な方々を守るため,町民が心を一つにして乗り越えていきましょう。

 皆さまのさらなるご協力をお願いいたします。

 

令和2年4月24日

阿見町長 千葉 繁

【町長メッセージ】令和2年4月17日

町民の皆さまへ

 4月16日に全都道府県に緊急事態宣言が発令されました。このうち茨城県は,感染拡大防止策を重点的に行う必要がある「特定警戒都道府県」と位置付けられています。町民の皆さんには,大型連休を含む5月6日までの期間,感染拡大防止のため,昼夜を問わず首都圏を含め不要不急の外出をお控えいただくとともに,密閉・密集・密接の『3つの密』を避けるよう,意識して行動してください。そして,こまめな手洗いと,せきエチケットを徹底していただき,発熱等の症状が見られたら,毎日,体温の測定を行い,外出を控えてください。
 ご自身を守るため,ご家族を守るため,身近な人たちを守るため,この厳しい状況を町民が心を一つにして乗り越えていきましょう。皆さんのさらなるご協力をよろしくお願いいたします。

 

 令和2年4月17日
 阿見町長 千葉 繁

【町長メッセージ】新型インフルエンザ対策特措法に基づく緊急事態宣言発令後の知事コメントについて(令和2年4月8日)

町民の皆さまへ(4月8日) 

 町では、引き続き茨城県と密に情報を共有しながら、感染拡大防止に向けた取り組みを行ってまいります。

 町民の皆さまにおかれましては、昨日、メッセージを差し上げたところですが、引き続き以下につきましてもご協力いただきますよう重ねてお願い申し上げます。

〇手洗いや咳エチケットの徹底や密閉・密集・密接な空間を避ける、首都圏を含め不要不急の外出の自粛など、感染拡大の防止

〇3月4日以降に海外から帰国された方は、2週間の自宅待機の上、帰国者・接触者相談センターへ連絡

〇保育施設での過密化を避け、感染拡大を防ぐため保育施設利用の自粛

 また、町では県の提供する正確な情報に基づき、情報を発信してまいりますので、冷静に対応いただきますようお願いいたします。

 

【町長メッセージ】新型コロナウイルス感染症についてのお願いについて(令和2年4月3日)

町民の皆さまへ

  4月2日に茨城県知事から阿見町を含む県内9市町について、4月4日・5日の週末と4月10日までの平日夜間について不要不急の外出自粛の要請がありました。

 また、地域でも10名以上が集まる集会・イベントへの参加や、家族以外の多人数での外食も自粛の要請がありました。

 町では、すでに町民の皆さまへ、手洗いや咳エチケットの徹底や、密閉空間・密集場所・密接場面という3つの条件が同時に重なるような集まりについて自粛し、不要不急の外出を避けるなど、感染拡大の防止に努めていただくようお願いをしてまいりました。

 町としましても、引き続き茨城県と密に情報を共有しながら、感染拡大防止に向けた取り組みを行ってまいりますので、正確な情報に基づき、冷静に対応いただきますようお願いいたします。

 また、3月4日以降に海外から帰国された方におかれましては、帰国後2週間は自宅待機の上、帰国者・接触者相談センターへご連絡いただきますようお願いいたします。


ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


Copyright (c)  Town of Ami All rights reserved