ページの先頭です

まい・あみ・まつり 2018 開催☆彡

[2018年7月18日]

まい・あみ・まつり2018『Power of smile ~笑顔の力~』

今年も阿見町最大のイベント 『まい・あみ・まつり』の季節がやってきました!
祭り命のいなせな「大人神輿のねり歩き」や「よさこいソーラン」、可愛さMAXちびっこ達のダンス、陣太鼓、チアダン、盆踊りなどなど、夏まつりならではのパフォーマンスが詰め込まれた2日間。

阿見町の新マスコットキャラ「あみっぺ」が初のお披露目で登場し、
これから1年阿見町のPRをお手伝いしてくれる「まい・あみ・アンバサダー」も決まります。

屋台村では、町内の人気店をはじめとする飲食の屋台と遊べる出店が並び、
まつりのラストを飾る「芸能ショー」には、あの“ものまね四天王”コロッケが出演し、盛り上がりは必須。

Power of smile のサブタイトルどうり、笑顔と熱気につつまれたお祭りになること間違いなし!
フェスもいいけど「まつり」もね♪ ぜひ、ご参加ください。


まい・あみ・まつりの歴史

まつりの由来

私たちの町には長い歴史と豊かな風土文化の中で、幾世代にも渡って受け継がれてきた各地区伝統のまつりや、育成会の行事はありましたが、町をあげてのイベントがありませんでした。町民がこぞって参加し、楽しめるイベントを求める多数の意見があったため、平成元年(1989)、国の「ふるさと創生事業」の一環として企画され、平成2年(1990)に第1回目のまい・あみ・まつりが開催されました。

町民総参加による「町民同士のふれあいの輪を広める交流の場づくり・潤いと活力のある街づくり」を目標にかかげ、今では町最大のイベントに発展・定着しています。

まい・あみ・まつりは、阿見町在住・在勤・在学者の有志によって組織される実行委員会により企画運営されており、町民主導の真夏の祭典として広く町民に親しまれ、これまでに25回のまつりが盛大に開催されました。

シンボルマーク


*『まいあみちゃん』の由来

平成2年(1990)の第1回まい・あみ・まつり開催にあたり、実行委員会においてマスコットマークを一般公募。

「昭和62年、町の銘柄推進事業に取り組みはじめ、平成2年には町特産のスイカが県の銘柄産地指定を受けたことから、スイカをキャラクター化した」という、町内在住の小学5年生(当時)飯塚奈央さんの作品が原案として選ばれ、デザイン化。「まいあみちゃん」と名付けられました。

いまでは「まい・あみ・まつり」の枠を超えて、阿見町のマスコットキャラクターのひとつとして広く町民に親しまれています。    

キャラクター


*アミゴンザウルス(通称:アミゴン)の由来

「アミゴン」は、昔から霞ヶ浦に生息すると言われる幻の恐竜です。

普段は水草を主食とする性格のおとなしい大型の草食恐竜で、霞ヶ浦をきれいにしようとアオコを食べています。長い間、湖中生活を送ってきましたが、年ごとにひどくなる霞ヶ浦の汚染に怒り、1990年の夏「まい・あみ・まつり」に突然現れ「霞ヶ浦は人間だけのものではないぞ。きれいな水を返せ!」と霞ヶ浦の浄化を私たち町民に訴えました。それから毎年、「まい・あみ・まつり」に姿を現すようになりました。

その後、「まい・あみ・まつり2009」において、アミゴンジュニア「ピース&さくら」(名称一般公募)にまつりを託して霞ヶ浦に帰っていきましたが、阿見町のみんなを笑顔にするために2012年に復活し、「ピース&さくら」との親子共演でまつりを盛り上げています。

問い合わせ

まい・あみ・まつり2018実行委員会

〒300‐0392 阿見町中央1‐1‐1 阿見町役場内 まい・あみ・まつり推進室
Tel:029‐888‐1111 内線303

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

阿見町役場産業建設部商工観光課

電話: 029-888-1111 ファクス: 029-887-9560

お問い合わせについて


まい・あみ・まつり 2018 開催☆彡への別ルート

Copyright (c)  Town of Ami All rights reserved