ページの先頭です

【位置・地勢】

 本町は茨城県の南部に位置し,日本第2位の面積を誇る霞ケ浦の南に面しています。
首都東京へは南に約60km,県都水戸へは北に約40km,成田国際空港へは東南に約30kmの位置にあり,東京,水戸へはJR常磐線や常磐自動車道を利用して約1時間の距離にあります。


【沿革と特徴】

 霞ケ浦を始めとする豊かな自然に恵まれた本町は,旧石器時代の遺跡や縄文時代中期の貝塚などが点在し,古代より人の営みがあった地域です。

 近代に入り明治22年には,本町の旧村である阿見,朝日,君原,舟島の4村が誕生し,明治時代の後期には,台地部の阿見原において開拓が進められ,次第に豊かな農村地帯に生まれ変わっていきました。また,大正時代に入ると阿見原に霞ケ浦海軍航空隊が設置され,昭和14年には海軍飛行予科練習部(予科練),翌年に土浦海軍航空隊が設置されるに至り,海軍の町として全国的に知られるようになりました。 昭和30年に旧4町村(阿見町,朝日村,君原村,舟島村の一部)が合併し現在の阿見町となりました。

 その後,昭和47年には筑見団地や阿見台団地が完成するなど,次々と住宅団地の開発が進み,昭和55年の福田工業団地を始め,筑波南第一工業団地(香澄の里),阿見東部工業団地も造成され,現在に至ります。

 発展目覚ましい茨城県内にあって,とりわけ急速な発展を遂げた県南地域に位置する本町は,豊かな自然環境のなかにあって職・住と自然が調和した町として発展を続けてきました。

 本町の特徴としては,昭和23年から立地している学校法人東京医科大学茨城医療センター(旧東京医科大学霞ケ浦病院)を始め,国立大学法人茨城大学農学部や茨城県立医療大学など,医療や教育に関連する優れた機関の集積があげられます。

 また,平成19年には首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の開通に伴い,インターチェンジが2箇所設置されたことにより,交通利便性が一層高まったことで,更なる発展が期待されています。


                                                

                              町の観光はこちらからです


                          「ご当地いばラッキー」阿見町バージョン

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

阿見町役場町各種団体いきいき茨城ゆめ国体阿見町実行委員会

電話: 029-888-1111(226) ファクス: 029-887-9560

お問い合わせについて


Copyright (c)  Town of Ami All rights reserved