ページの先頭です

ロタウイルスワクチン予防接種費用の助成について

[2018年3月14日]

ロタウイルスワクチン予防接種費用の助成

阿見町では、町内在住の生後6週から32週までのお子さまを対象として、ロタウイルスワクチン任意接種費用の一部を助成しています。

▼ロタウイルスワクチンについて

 ロタウイルスは乳幼児の胃腸炎の原因として上位を占め、多くのお子さまが 5歳までに1回以上はかかる感染症です。嘔吐・下痢が続き、ほとんどの場合は自然に回復しますが、まれに脱水症で入院が必要になったり、脳炎などの重い合併症を引き起こすことがあります。ロタウイルスワクチンは、こうした胃腸炎にかかりにくくなったり、入院が必要になるほどの重症化を防ぐ効果があるといわれています。

▼接種回数とスケジュール

 ロタウイルスワクチンは、2種類あります。種類によって接種できる期間・回数が異なります。 接種期間内に、決められた回数の接種を終えるようにご注意ください。

助成内容

ワクチンの種類および助成回数・助成額

接種したワクチンの種類

ロタリックスロタテック

接種期間

生後6週から24週
になる日までの間

1回目は生後20週までに接種

生後6週から32週
になる日までの間

1回目は生後24週までに接種 

接種間隔・回数

27日以上あけて2回 27日以上あけて3回

助成額 (1回あたりの上限)

5,000円 3,500円

助成の方法

町が交付する予診票を使用し、指定する協力医療機関で接種を受けていただくことで、助成を受けることができます。(接種費用から助成額を差し引いた額は自己負担となります。)

協力医療機関についてお知りになりたい方は、健康づくり課までご連絡ください。

予防接種による健康被害等について

任意予防接種により引き起こされた副反応により、日常生活に支障が出るような健康被害等が生じた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法にもとづいた保障制度があります。医師または健康づくり課にご相談ください。

予診票の交付手続き

転入された場合や接種を見合わせた場合、また予診票を紛失等された場合には、予診票の交付手続きが必要となりますので、健康づくり課(総合保健福祉会館「さわやかセンター」内)までお越しください。

<手続きに必要な持ち物>

 ▼保護者の方が申請の場合

  • 母子健康手帳
  • 印鑑

 ▼代理者(同一世帯以外のご家族等)が申請される場合

  • 母子健康手帳
  • 委任状
  • 代理者の身分証明書と印鑑

      ※続柄が『同居人』の場合は、第三者とみなされますので委任状が必要です

交付申請書(阿見町に転入された方、ロタテック3回目の予診票を申請される方)

交付申請書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

再交付申請書(接種を見合わせた方、予診票を紛失等された方)

再交付申請書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

委任状(代理申請の場合には必要です)

委任状書式例

Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

委任状書式例

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

阿見町役場保健福祉部健康づくり課

電話: 029-888-2940 ファクス: 029-888-2945

お問い合わせについて


ロタウイルスワクチン予防接種費用の助成についてへの別ルート

Copyright (c)  Town of Ami All rights reserved