ページの先頭です

社会資本整備総合交付金(旧まちづくり交付金)の事後評価の概要

[2019年4月10日]

社会資本整備総合交付金(旧まちづくり交付金)の事後評価の概要

目的

 事後評価は、社会資本整備総合交付金(旧まちづくり交付金)がもたらした成果等を客観的に検証し、成否の要因を分析して、今後のまちづくりのあり方を検討することおよび住民の皆さんに分かりやすく説明することを目的としています。

実施期間

事後評価は、社会資本整備総合交付金(旧まちづくり交付金)の交付終了年度に実施します(事後評価を行う時期に計測できない数値指標は「見込み」の値により評価を行ない、翌年度以降にフォローアップを実施します)。

事後評価の手続き

(1) 方法書の作成

 ▼ 都市再生整備計画に記載した数値目標の計測時期や計測方法等の評価実施方法を定めます

(2) 事業の成果および実施過程の検証 

 ▼ 数値目標の達成状況の検証と確認を行います
 ▼ 評価結果をもとに、その結果にいたった原因を整理し、今後の対策を整理します
 ▼ それらを「事後評価シート原案」として公表し、また、「都市再生整備計画事業評価委員会(※)」による審議を行います
 ▼ 最終的に「都市再生整備計画事業事後評価シート」に取りまとめ、国へ提出し、再度公表します

(3) フォローアップの実施 

 成果の評価で「見込み」の値を用いた場合や、数値目標を達成できなかったため改善策を実施した場合に、交付終了の翌年度にあらためて達成状況を確認します。
 

 ※「都市再生整備計画事業評価委員会」とは、事後評価などが適切に遂行されたことを中立・公平な立場で審議するため、学識経験のある有識者など数名で構成される組織です

事後評価の公表

荒川本郷地区

「荒川本郷地区」は、平成20年度に交付最終年度を迎えたことから、事後評価を行い、「事後評価シート」を公表しています。次のPDFファイルをご覧ください。

阿見吉原地区

「阿見吉原地区」は、平成24年度に交付最終年度を迎えたことから、事後評価を行い、「事後評価シート」を公表しています。次のPDFファイルをご覧ください。

阿見西部地区

「阿見西部地区」は、平成25年度に交付最終年度を迎えたことから、事後評価を行い、「事後評価シート」を公表しています。次のPDFファイルをご覧ください。

阿見中央地区

「阿見中央地区」は、平成25年度に交付最終年度を迎えたことから、事後評価を行い、「事後評価シート」を公表しています。次のPDFファイルをご覧ください。

事後評価の公表(阿見中央地区)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

阿見東部地区

「阿見東部地区」は、平成29年度に交付最終年度を迎えたことから、事後評価を行い、「事後評価シート」を公表しています。次のPDFファイルをご覧ください。

事後評価の公表(阿見東部地区)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

阿見中部地区

「阿見中部地区」は、平成30年度に交付最終年度を迎えたことから、事後評価を行い、「事後評価シート」を公表しています。次のPDFファイルをご覧ください。

事後評価の公表(阿見中部地区)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

阿見町役場 都市整備部 都市計画課
電話: 029-888-1111(231~232、244~246、717) ファクス: 029-887-9560
阿見町役場 都市整備部 道路公園整備課
電話: 029-888-1111(232,243) ファクス: 029-887-9560

社会資本整備総合交付金(旧まちづくり交付金)の事後評価の概要への別ルート

Copyright (c)  Town of Ami All rights reserved